[事例72]

慰謝料請求された

訴訟で550万円の慰謝料請求をされたが、請求を放棄させることに成功

ご依頼者様
550万円
請求されたところ…
0万円
で示談!
550万円
を減額!
相手方 夫婦交流のある女性
慰謝料請求を放棄させることに成功
慰謝料 550万円 → 0万円 (550万円の減額に成功)
ご依頼者様 20代女性(会社員)
相手方 20代女性
解決方法 訴訟
離婚の有無(相談時) 不明
子供の有無(相談時) 不明
婚姻期間(相談時) 不明

ご相談のきっかけ

依頼者Aさんは、本件相手方(請求者)であるBさん、そしてBさんの夫であるCさんと交流がありました。

 

Bさんが、夫Cさんのタブレットを見たところ、AさんとCさんが親しそうにしている写真を発見したことにより、AさんとCさんに不貞行為があったと誤解してしまいました。

そしてBさんは、AさんとCさんに対し、慰謝料請求の訴訟提起をしました。

 

これに対応するため、Aさんは当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

Aさんには婦人科系の疾患があるため、性行為に及ぶことはそもそも不可能でした。よって、Cさんと不貞関係になることはあり得ず、実際、不貞行為を一切おこなっていませんでした。

 

Cさんは、「Bさんこそが不貞行為をしていた」として、その相談をAさんにしていただけでした。

 

また、Bさんが証拠として提出したものは、不貞行為を立証するには足りないものであることも主張した結果、Bさんは請求を断念し、その請求を放棄させることができました。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】31拠点35名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。