[事例63]

慰謝料請求された

200万円の請求が0円に!

ご依頼者様
200万円
請求されたところ…
0万円
で示談!
200万円
を減額!
相手方 不貞行為相手の配偶者
慰謝料が0円に減額。
慰謝料 200万円 → 0万円 (200万円の減額に成功)
ご依頼者様 20代女性(会社員)
相手方 相手方の妻(20代女性)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) なし
婚姻期間(相談時) 不明

ご相談のきっかけ

依頼者Aさんは幼馴染みのBさんと再会後、2度ほど会って話をしたのみで不貞行為はなかったものの、BさんがAさんに送ったラインが不貞を疑わせるようなものであったため、それを見たBさんの妻であるCさんから、Cさんの弁護士を通じ200万円を請求されました。

 

Aさん減額すべく、当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

当事務所の弁護士が介入し、そもそもAさんは持病で性交渉ができないことを伝え、不貞をしたというならその証拠を提示するよう求めたところ、Cさんの弁護士は辞任してしまいました。
それ以降、Bさんからの請求はなくなりました。

 

不当な請求に対して、断固たる対応により請求を断念させることができた事案でした。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】44拠点48名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!