[事例56]

慰謝料請求された

相手方代理人から慰謝料300万円を請求される→80万円への大幅な減額に成功

ご依頼者様
300万円
請求されたところ…
80万円
で示談!
220万円
を減額!
相手方 不倫相手の妻
80万円への大幅な減額に成功
慰謝料 300万円 → 80万円 (220万円の減額に成功)
ご依頼者様 30代女性(会社員)
相手方 不倫相手の妻(30代)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚してる
子供の有無(相談時) あり
婚姻期間(相談時) 不明

ご相談のきっかけ

依頼者のAさんと不貞相手のBさん、不貞相手の妻Cさんは同じ職場で働いており、AさんとBさんが親しそうにしているのを疑わしく思っていたCさんがBさんのラインを見てしまったことから、不貞行為が発覚しました。

 

Cさんの弁護士から内容証明にて300万円を請求されたため、減額すべく、当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

Aさんは幼児1人を養育しているシングルマザーで、ローンなどの返済などに追われ、金銭的に困窮したため、最大で支払える金額として80万円を一括で支払う提案をしましたが、Cさんは300万円の支払いを求めることから一歩も引かない状況でした。

 

BさんとCさんは離婚する予定がなかったため、判例に照らし合わせると慰謝料は数十万程度になること、一義的な責任はCさんの夫であるBさんであることなどを理由に弁護士がCさんの弁護士と交渉した結果、Aさんが80万円を一括で支払う、今後一切Bさんと関わらないという清算条項を定め、合意書を締結、解決に至りました。

 

300万円という慰謝料請求金額をなかなか譲らなかったCさんを、Aさんが支払い可能な金額80万円まで、220万円も減額することに成功した事案でした。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】44拠点48名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!