[事例41]

慰謝料請求された

不貞相手の夫から550万円の慰謝料請求を受けた⇒130万円にて和解成立

ご依頼者様
550万円
請求されたところ…
130万円
で示談!
420万円
を減額!
相手方 不倫相手の夫
ダブル不倫での4者和解を提案し、慰謝料550万円を130万円まで減額!
慰謝料 550万円 → 130万円 (420万円の減額に成功)
ご依頼者様 40代男性(会社員)
相手方 不倫相手の夫
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) あり
婚姻期間(相談時) 約6年間

ご相談のきっかけ

Aさんは、職場の同僚女性と約5年間、不貞関係にありましたが、不貞相手の夫に気づかれ、いったんはその関係を断ち切りました。しかし、ふとしたことがきっかけで再開する形になってしまい、それについても不貞相手の夫に発覚してしまいました。
相手方から慰謝料550万円を請求され、今後の対応に不安を覚えたAさんは、適正な解決を図るべく当事務所へご相談にいらっしゃいました。

解決までの流れ

本件は、相手方が離婚を検討している状況であり、さらには相手方の婚姻期間、およびAさん等の不貞期間が相当程度長かったため、相手方が要求する請求額もかなり高額でした。
何とか減額してもらおうと交渉しましたが、なかなか減額要求に応じてくれませんでした。
そこで、双方不貞状態であったことから、当方から4者和解(ゼロ和解)を提示したところ、若干風向きが変わってきました。その後も、何度も粘り強く交渉した結果、当初550万円だった慰謝料額を130万円にて解決させることができました。また、再発防止にも考慮しつつ、お互いが納得できる範囲の条項にまとめました。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】43拠点47名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!