[事例40]

慰謝料請求された

不貞相手の夫から慰謝料500万円を請求される⇒350万円にまで減額

ご依頼者様
500万円
請求されたところ…
350万円
で示談!
150万円
を減額!
相手方 不倫相手の夫
慰謝料請求500万円に対し、訴訟の可能性を材料に350万円まで減額!
慰謝料 500万円 → 350万円 (150万円の減額に成功)
ご依頼者様 60代女性(会社員)
相手方 不倫相手の夫
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) あり
婚姻期間(相談時) 不明

ご相談のきっかけ

Aさんは職場の同僚女性と不貞行為に及んでしまいました。その後も1年間のうちに同様の行為を複数回にわたって行いました。
しかし、それが不貞相手の夫に発覚してしまい、500万円の慰謝料請求を受けました。今後の対応に困ってしまったAさんは、当事務所を訪れご依頼いただきました。

解決までの流れ

本件では、相手方が強硬であり、また婚姻期間が相当程度長かったこともあって、なかなか請求金額の減額に応じてくれませんでした。そこで、「訴訟を含めて検討をしている」と告げたところ、相手方としては訴訟による長期戦は避けたかったようで、徐々に態度を軟化させていきました。
Aさんの要望は、「できるだけ減額して欲しい」というものでしたが、Aさんとしても訴訟になるとどうしても長くかかってしまうという点は気になるところでした。
その後も、訴訟の可能性を交渉材料にしつつ、粘り強く協議を進めた結果、慰謝料500万円から150万円の減額となる、350万円にて和解成立となりました。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点43名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!