[事例4]

慰謝料請求された

不貞相手の妻から慰謝料500万円を請求される⇒200万円の支払いで解決

ご依頼者様
500万円
請求されたところ…
200万円
で示談!
300万円
を減額!
相手方 不倫相手の妻
不倫相手の妻から慰謝料500万円を強硬に請求されたが200万円で解決!
慰謝料 500万円 → 200万円 (300万円の減額に成功)
ご依頼者様 30代女性(会社員)
相手方 不倫相手の妻(40代)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) なし
婚姻期間(相談時) 本人未婚

ご相談のきっかけ

Aさんは、既婚者と知りながらある男性と不貞行為におよびました。当初は出来心であったものの、その後もその男性と複数回の不貞行為を重ねてしまいました。
しかし、不貞相手の妻が探偵を雇ったことにより、それら不貞行為の事実が発覚。その後、不貞相手妻の代理人弁護士から慰謝料請求(請求金額500万円)の通知書が届き、「今後どうしたらよいのだろうか」と困り果てたAさんは、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

解決までの流れ

ご依頼後、Aさんから事情を詳しく伺うと、不貞相手の妻が妊娠・出産中における不貞行為だったこと、またAさんと不貞相手、不貞相手妻の3者はもともと知り合い同士だったことが分かりました。
そういった事情もあって、相手方代理人弁護士との交渉時にも「300万円からは一切減額しない。さもなければ訴訟を起こす。」と言われ、強硬な姿勢を崩しませんでした。
そこで、時間をかけてじっくりとAさんの現状(金銭面や家族関係の事情)を説明したところ、最終的には200万円にまで減額させることができました。

本件のように、たとえご依頼者側の状況が不利だったとしても、請求金額を減額させられる可能性があります。「請求金額を少しでも抑えたい」「こんな高額な請求額を支払うことはできない」とお困りの方は、当事務所へ是非ともご相談ください。
ご相談者様それぞれに適した解決策をご提案させていただきます。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】43拠点47名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!