[事例38]

慰謝料請求された

不貞事実がないのに慰謝料300万円の請求⇒慰謝料50万円で解決

ご依頼者様
300万円
請求されたところ…
50万円
で示談!
250万円
を減額!
相手方 不倫相手の妻
不倫を疑われ300万円の慰謝料を請求されたが解決金50万円で解決!
慰謝料 300万円 → 50万円 (250万円の減額に成功)
ご依頼者様 20代女性(公務員)
相手方 不倫相手の妻
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) なし
婚姻期間(相談時) 未婚

ご相談のきっかけ

Aさんは職場の飲み会に参加したのち、酔っていたこともあり、職場同僚の男性(以下、B氏)に宿泊予定のホテルまで送り届けてもらいました。
その後、B氏の妻の代理人弁護士からAさんの携帯電話に、「B氏の件で会って話がしたい」との連絡がありました。Aさんは、会うことを断り、B氏にそのような連絡があったことを話したところ、B氏は「妻から(B氏が)不倫しているのでは?と疑われているので、そのことで連絡がいったのかもしれない」とのことでした。
それからB氏の妻の代理人弁護士から、B氏とAさんの間で不貞行為があったとして、慰謝料として300万円を支払うこと、および今後B氏と一切連絡・接触をしないことなどを請求する内容証明郵便が届きました。
Aさんとしては、B氏との間に不貞行為はないとして、今後の対応につき相談したいといのことで当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

Aさんは、当初から一貫してB氏との間に不貞行為はないとの主張していました。そのため、まず相手方代理人に対し、AさんとB氏との間で不貞行為があったという主張の根拠を示してほしいと連絡したところ、相手方代理人から、探偵の写真撮影報告書の開示がなされました。
これをAさんに確認してもらったところ、「写真に写っているのは確かに自分とB氏である。ただ、B氏にホテルの部屋まで送ってもらったことは事実だが、B氏との間に不貞行為はない」とのことでした。B氏にもヒアリングした結果、Aさんと同様の回答でした。
ただ、不貞行為がなかったとはいえ、①客観的にみて、不貞行為があったと疑われてもおかしくない状況証拠がそろっていること、②もし訴訟になった場合には、不貞行為があったと認定されてしまうおそれが高いことをAさんに説明し、今後の方向性を検討しました。
最終的に、①不貞行為自体はなかったものの、B氏の妻を傷つける行為であったことは間違いないため、その点は謝罪し、300万円は無理だがある程度の金額(50万円)は支払うつもりがある、②今後B氏とはプライベートでは接触しないことを約束できる、この2点を相手方に伝えました。
相手方としては、「探偵費用だけでも70万円かかっているため、50万円では到底納得できない」との回答でした。しかし、その後も粘り強く交渉を続けた結果、不貞行為自体は認めずに、Aさんが解決金として50万円を支払い、今後B氏とはプライベートでは接触しないことを約束する内容で、示談を成立させることができました。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】42拠点44名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!