[事例35]

慰謝料請求された

慰謝料金額300万円を請求される⇒弁護士介入で110万円に減額

ご依頼者様
300万円
請求されたところ…
110万円
で示談!
190万円
を減額!
相手方 不倫相手の夫
慰謝料請求300万円に対し、交渉で110万円にまで減額して解決!
慰謝料 300万円 → 110万円 (190万円の減額に成功)
ご依頼者様 40代男性(会社員)
相手方 不倫相手の夫(40代)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) あり
婚姻期間(相談時) 不明

ご相談のきっかけ

スポーツ少年団のコーチをしていたAさんは、そこに所属する少年の母親と複数回にわたり不貞行為におよんでしまったという事案です。不貞相手の夫に不貞行為が発覚し、その代理人から内容証明郵便が送られてきたこと、また同チーム内にもこのような噂が流れ始めてしまったことから弁護士を立てないとまずいと思い、Aさんは当事務所へご相談にいらっしゃいました。

解決までの流れ

主な争点は金額の交渉でした。慰謝料額300万円を請求されていましたが、何とか減額できるよう弁護士が交渉を重ねました。
しかし、相手方は興信所なども使っていたため、その実費も含めてなかなか金額を200万円以下に下げることには同意してくれませんでした。ただ、諦めることなく時間を掛けて交渉した結果、接触禁止などの条件を受け入れることで、110万円まで下げることができました。相手方の子供は引き続きチームに所属するとのことから、必要な連絡以外、不貞行為の相手方およびその子供とは一切連絡しない旨の接触禁止条項を設定したことで、上記金額を受け入れてもらうことができました。また、お互いに口外禁止条項を入れて、無事に解決させることができました。

本件において、相手方は慰謝料額200万円以下ではなかなか同意してくれませんでした。そのため、粘り強く交渉を継続した点はもちろんですが、今後を見据えて接触禁止条項を入れて交渉を進めたことが、功を奏する結果となったと考えます。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点46名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!