[事例32]

慰謝料請求された

慰謝料請求額300万円⇒弁護士介入によって、150万円に減額

ご依頼者様
300万円
請求されたところ…
150万円
で示談!
150万円
を減額!
相手方 不倫相手の夫
慰謝料請求300万円。交渉により半額の慰謝料150万円に減額成功!
慰謝料 300万円 → 150万円 (150万円の減額に成功)
ご依頼者様 40代男性(会社員)
相手方 不倫相手の夫(40代)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) なし
婚姻期間(相談時) 本人未婚

ご相談のきっかけ

Aさんは地域活動で知り合った既婚女性と不倫関係になりました。しかし、それがその女性の配偶者に発覚。直接会って謝罪するなど、誠意を持って対応しましたが、同配偶者が弁護士をつけて慰謝料請求をしてきたため、自分一人ではどうにもできないと考え、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

解決までの流れ

慰謝料金額をいかに減額できるかが争点でした。相手方は興信所なども使っていたらしく、その実費に100万円近くかかっていたことから、なかなか金額を200万円以下にすることに同意しませんでした。
しかし、粘り強くじっくり時間をかけながら交渉しました。結果、Aさんの金銭状況を説明し、接触禁止などの条件を受け入れることで、150万円まで下げることができました。

本件のポイントとしては、減額を成功させるために、敢えて接触禁止について厳しい内容を受け入れ、また違約金も一度につき100万円という高額の設定を承諾した点です。その結果、当初300万円だった慰謝料請求額を150万円にまで減額させられました。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点43名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!