[事例24]

慰謝料請求された

実質的には慰謝料300万円の請求を受けた⇒50万円の支払で解決

ご依頼者様
300万円
請求されたところ…
50万円
で示談!
250万円
を減額!
相手方 不倫相手の妻
慰謝料請求300万円。手紙で減額要求し、250万円減の50万円で解決!
慰謝料 300万円 → 50万円 (250万円の減額に成功)
ご依頼者様 20代女性(パート・アルバイト)
相手方 不倫相手の妻(30代)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) なし
婚姻期間(相談時) 本人未婚

ご相談のきっかけ

相談者であるAさんは、ある男性と複数回にわたり不貞行為を重ねた結果、不貞相手妻の代理人弁護士から内容証明郵便にて300万円を請求されました。
すぐに電話してその弁護士と話したところ、「不貞相手への求償権を放棄するなら150万円に下げることができる」と言われました。Aさんとしては、「150万円を支払ってもよいと思っているが、念のため、慰謝料額の妥当性、および減額交渉できないかについて確認したい」とのことで当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

ご依頼後、弁護士が事情を確認したところ、不貞相手方夫婦は、現在、円満に過ごしているとのことでした。また、①150万円の慰謝料額、かつ②求償権放棄ということになれば、実質的に慰謝料額300万円となるため、それは明らかに高すぎるとAさんにご説明しました。
ただ、当職が受任し代理人弁護士がすぐに出たところで、相手方弁護士もすぐに減額に応じるとは思えませんでした。そこで、こちらは代理人弁護士が表に出ない形で減額事由を手紙で主張し、減額交渉を行うのがベストであると考えました。
具体的には、当職がAさんをバックアップする形で、相手方に提出すべき手紙を作成し、Aさんからそれを相手方弁護士に提出して交渉していただきました。結果、慰謝料額50万円にて和解成立となりました。

本件の解決ポイントは、手紙の内容です。①Aさんの経済的事情(若干23歳のため大金を所持していない。慰謝料は親族からの借金で工面する。)、②交際事情に鑑みて300万円の慰謝料額は高額すぎる、③丁重な謝罪の意思表示、これらを記載してもらったことで相手方の理解を得ることができ、無事に解決に至りました。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点46名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!