[事例69]

慰謝料請求したい

判決で確定した金額以上の慰謝料600万円の獲得に成功!

ご依頼者様
600 万円
獲得!
相手方 妻の不倫相手
示談成立後、訴訟費用を上乗せして獲得
獲得慰謝料 600万円
ご依頼者様 50代男性(会社員)
相手方 妻の不倫相手(40代・会社員)
解決方法 訴訟
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) あり
婚姻期間(相談時) 17年

ご相談のきっかけ

依頼者Aさんは、妻のBさんの残業や飲み会が多くなっていたことを不審に思い、Bさんの日記を見てしまったことから、Bさんが職場の上司であるCさんと不貞行為を繰り返していたことが発覚しました。

 

そこで、Aさん、Bさん、Cさんの三人で話し合いをし、BさんとCさんは不貞を認めた上で、CさんがAさんに500万円の慰謝料を支払うという誓約書を手渡しました。

 

Aさんは、Cさんからの500万円の支払いを待っていたものの全く支払われることがなかったため、弁護士に介入してもらおうと考え、当事務所にご来所されました。

解決までの流れ

受任後、弁護士からCさんへ内容証明を送ったり電話をしたりしましたが何の応答もないため、 Cさんに対し訴訟提起をしました。

ところが、Cさんは訴訟になっても1度も裁判所に出廷することがなかったため、訴訟で請求した慰謝料金額500万円の判決が確定しました。

 

判決が確定したことをCさんは知っていながら何の対応もしないため、弁護士はCさんの財産を調べ、その財産を差し押さえたところ、ようやくCさんから弁護士あてに「慰謝料を支払う」という連絡がありました。

 

Cさんが示談交渉に応じていれば、訴訟することもなく、その訴訟のための費用をAさんが支出することもなかったため、判決で確定した500万円に100万円を上乗せしてCさんに対して請求したところ、Cさんから600万円の支払いを受けることができました。

 

AさんとBさんが離婚に至っていないことを考慮すれば、相場以上の金額の獲得することができた事例です。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】38拠点40名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。