[事例3]

慰謝料請求したい

不貞相手の経済的状況を考慮⇒慰謝料70万円、接触禁止条項を盛り込む

ご依頼者様
70 万円
獲得!
相手方 夫の不倫相手
接触禁止条項などを盛り込み、慰謝料70万円で解決!
獲得慰謝料 70万円
ご依頼者様 50代女性(会社員)
相手方 夫の不倫相手(40代未婚・契約・派遣社員)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) なし
婚姻期間(相談時) 約34年間

ご相談のきっかけ

Aさんは、ある日、偶然にも夫の携帯電話を見てしまい、「夫が不倫しているのではないか」と疑うようになりました。その不安は日に日に増していき、ついにAさんは興信所に依頼して、調査してもらうことにしました。
調査の結果、夫の不貞行為相手が判明し、Aさんはその不貞相手と直接会うことにしました。対面にて謝罪を受けたものの、なかなか納得できず気持ちの整理がつかなかったAさんは、夫との不貞相手に対して金銭的請求をしたいとのことで、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

解決までの流れ

ご依頼後、不貞相手について調べたところ、シングルマザーであり貯蓄もほとんどなく経済的に決して恵まれているとは言えない状況であることが分かりました。Aさんに報告したところ、「金銭的な要求が難しいようであれば、二度と夫には近づかないと約束して欲しい」とのことでした。
その後、弁護士がAさんの要望に沿って不貞相手と交渉した結果、慰謝料70万円の獲得、および接触禁止条項、そしてこれに対する違約金条項を示談書に盛り込み、解決させることができました。

本件では、ご相談いただいたきっかけは「不貞相手に対して金銭を要求したい」というものでしたが、不貞相手の経済的状況を鑑み、最終的には金銭要求よりも「夫には二度と近づかないで欲しい」という点を優先して交渉した結果、依頼者の方にもご満足いただける内容で解決させることができた事例だと思います。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点42名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。