[事例26]

慰謝料請求したい

妻の不貞事実を突き止め、相手方に慰謝料請求⇒慰謝料120万円を獲得

ご依頼者様
120 万円
獲得!
相手方 妻の不倫相手
子供を連れての不倫に謝罪させつつ慰謝料120万円一括で解決!
獲得慰謝料 120万円
ご依頼者様 30代男性(会社員)
相手方 妻の不倫相手(40代既婚・会社員)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) あり
婚姻期間(相談時) 約5年間

ご相談のきっかけ

Aさんは、妻の外出が頻繁になったことや、帰りが遅いことを不審に思い、調べたところ妻の不貞事実を突き止めました。妻に事情を聴いたところ、ネット上で知り合った相手との不貞事実を認めました。さらに子供と一緒に不貞相手と会っていることも分かりました。
Aさんとしては離婚する気はありませんでしたが、不貞相手に対して、慰謝料を請求したいとのことで当事務所にご相談いただきました。

解決までの流れ

ご依頼後、弁護士から不貞相手に対し、慰謝料300万円の支払いを求める通知書を送付しました。精神的苦痛の増加を基礎づける事情として、子供とともに不貞相手に会っているということを挙げました。
相手方はすぐに代理人弁護士を立ててきました。その後、相手方代理人から「100万円の一括払いで解決したい」との返答がありました。Aさんとしては、その金額では納得できないとのことでしたので、さらに交渉を重ねました。その結果、120万円の一括払いで示談をすることができた。
また、Aさんの要望として、「相手方から謝罪の言葉を確認したい」との申し出があったため、これを相手方代理人に伝え、謝罪文の提出を受けました。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】43拠点47名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!