[事例17]

慰謝料請求したい

夫との不貞行為の相手方へ慰謝料請求⇒慰謝料金額35万円を獲得

ご依頼者様
35 万円
獲得!
相手方 夫の不倫相手
証拠が薄いながらも、訴訟を回避しつつ示談で35万円の慰謝料で解決!
獲得慰謝料 35万円
ご依頼者様 40代女性(会社員)
相手方 夫の不倫相手(30代既婚・パート・アルバイト)
解決方法 交渉
離婚の有無(相談時) 離婚していない
子供の有無(相談時) あり
婚姻期間(相談時) 約20年間

ご相談のきっかけ

相談者であるAさんが、夫と不貞相手が旅行の約束をやり取りしているLINE本文を発見したのをきっかけに、Aさん・夫・不貞相手の三者で話し合いをしました。しかし、夫は不貞行為を認めず、不貞相手は謝罪するものの、LINEの証拠などについては、Aさんに代理人弁護士がつけば開示するという態度でした。
Aさんは、自身の子供のためにもしばらくは離婚しない意向でしたが、不貞相手に対する慰謝料請求を行い、また将来的な夫との離婚協議を有利に進めたいとの思惑があり、不貞相手から夫とのLINEのやり取りを証拠として入手しておきたいとのことで、当事務所へご相談いただき、ご依頼いただきました。

解決までの流れ

当職から不貞相手に対して、150万円を請求する書面を送付したところ、不貞相手は当事者三者で話し合いをしたときとは態度をガラリと変え、不貞行為を否認し、ホステスとしての仕事の延長で2人で食事に行ったことなどしか認めませんでした。また、LINEのやり取りについても、「すでに消去した」と伝えてきました。
証拠は薄いながらも全く存在しないわけではなかったので、不貞行為に基づく損害賠償請求訴訟を提起することも選択肢としてはあり得ましたが、相手方の態度から推測するに、たとえ判決が出たとしても任意での支払いがなされない可能性がありまさいた。また、Aさんとしてもこれ以上長引かせたくないという意向でしたので、35万円の支払を受けることで解決させました。

本件の場合、不貞相手には代理人がついておらず、急に連絡が取れなくなる可能性もあったため、①慰謝料の増額を求めること、②訴訟提起ではなく、示談での解決により、現実的に回収する、といった2つのバランス調整を図ることに注力しました。

関連する解決事例
関連するよくある質問
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点43名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!