不倫慰謝料に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪
メニュー
不倫慰謝料弁護士
不倫慰謝料のお問い合わせはこちらから:0120-301-110
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
メールでお問い合わせ
(365日24時間受付中)
11月20日付で「大阪支店」を
開設いたしました

不倫慰謝料を請求された方の質問

Q

慰謝料の減額事由としては、どのようなことが言えるのでしょうか。

A

請求側の裏返しになりますが、請求者夫婦の平穏な婚姻生活が壊れていないこと、請求者夫婦の婚姻生活が既に破綻又は破綻に準ずる状態にあったと認められること、不貞期間が短く不貞行為の回数が少ないこと、不貞の主導性が請求者の配偶者に認められること、等の事情が一般的にいえると思います。

[質問 36]
関連するよくある質問
関連する基礎知識
関連する解決事例
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点42名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。