不倫慰謝料に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉
メニュー
不倫慰謝料弁護士
不倫慰謝料のお問い合わせはこちらから:0120-301-110
【電話受付】平日9:00〜22:00/土日祝9:00〜19:00
メールでお問い合わせ
(365日24時間受付中)

不倫慰謝料を請求する方の質問

Q

不貞相手から慰謝料を支払ってもらった場合、不貞相手が、配偶者である私の夫(妻)に求償権というものを行使できると聞いたのですが、これはどういう意味なのでしょうか。

A

不貞行為は、法的には、民法上の共同不法行為(民法719条)となり、不貞行為を行った男女の共同責任と考えられています。
したがって、慰謝料の請求は、不貞相手に対し、夫(妻)と不貞相手の二人分の慰謝料を請求し、回収をはかることができます。
そこで、二人分の慰謝料を支払った不貞相手は、あなたの配偶者に対し、配偶者の負担すべき慰謝料の額の求償を請求することができます。これを求償権といいます。
負担割合は、厳密には、不貞行為の中での両当事者の行為を斟酌の上判断されますが、通常、話し合いで半分ずつとして解決する場合が多いものと思われます。

[質問 27]
関連するよくある質問
関連する基礎知識
関連する解決事例
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】44拠点48名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!