不倫慰謝料に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉
メニュー
不倫慰謝料弁護士
不倫慰謝料のお問い合わせはこちらから:0120-301-110
【電話受付】平日9:00〜22:00/土日祝9:00〜19:00
メールでお問い合わせ
(365日24時間受付中)

不倫慰謝料を請求する方の質問

Q

夫婦関係の破綻とはどういう場合をいうのでしょうか。また、破綻に準じて、慰謝料の支払い義務の減額の余地がある場合とは、どのようなケースですか。

A

夫婦関係の破綻とは、離婚した場合です。離婚に至らなくとも、別居の上、離婚調停、離婚裁判を行っている場合には、破綻といえる可能性が高くなると思われます。
破綻に準ずる場合とは、すでに不貞が原因で別居している場合や、家庭内別居が続いており意思疎通もなく生計も別々と言う事情がある場合には、これにあたるものと思われます。

[質問 23]
関連するよくある質問
関連する基礎知識
関連する解決事例
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】44拠点48名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!