不倫慰謝料に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉
メニュー
不倫慰謝料弁護士
不倫慰謝料のお問い合わせはこちらから:0120-301-110
【電話受付】平日9:00〜22:00/土日祝9:00〜19:00
メールでお問い合わせ
(365日24時間受付中)

不倫慰謝料を請求する方の質問

Q

不貞相手が、私たち夫婦は既に夫婦関係もなく、破綻していたと聞いているので、慰謝料を支払うつもりはないと主張しています。このような主張は通るものなのでしょうか。

A

不貞相手が、あなたの配偶者からそのような事情を聞かされていただけでは不十分です。不貞相手としては、夫婦関係の破綻を基礎づける具体的事情を主張・立証していく必要があるものと思われます。
あなたとしては、それに対し、相手方の主張事実を否認するとともに、良好な夫婦関係を基礎づける具体的事実を主張・立証していくことになります。

[質問 22]
関連するよくある質問
関連する基礎知識
関連する解決事例
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】35拠点46名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!