不倫慰謝料に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉
メニュー
不倫慰謝料弁護士
不倫慰謝料のお問い合わせはこちらから:0120-301-110
【電話受付】平日9:00〜22:00/土日祝9:00〜19:00
メールでお問い合わせ
(365日24時間受付中)

不倫慰謝料を請求する方の質問

Q

不貞相手が、私の夫(妻)とホテルに行ったことは認めるが、自分はEDを患っているので性交はしていないと主張しています。慰謝料の請求は認められないのでしょうか。

A

近時の裁判例で、ED等の理由により性行自体は存在していなくても、異性二人がラブホテルで過ごす行為、下着姿で抱き合い身体をさわる等の行為に、不法行為の成立を認めた裁判例があります。

[質問 21]
関連するよくある質問
関連する基礎知識
関連する解決事例
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】35拠点46名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!