不倫慰謝料に強い弁護士に無料相談|東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪
メニュー
不倫慰謝料弁護士
不倫慰謝料のお問い合わせはこちらから:0120-301-110
【電話受付】平日9:00〜21:00/土日祝9:00〜19:00
メールでお問い合わせ
(365日24時間受付中)
11月20日付で「大阪支店」を
開設いたしました

不倫慰謝料を請求する方の質問

Q

不貞相手が、私の夫(妻)が既婚者だとは知らなかったから慰謝料を支払わないと主張しているのですが、そのような主張は通るものなのでしょうか。

A

不貞相手が、民事上の損害賠償責任を負うためには、不貞相手が、交際相手である慰謝料請求者の夫(妻)を、既婚者と知った上で肉体関係を持つことが必要です。
したがって、不貞相手が、請求者の夫(妻)を既婚者であると知らなければ、慰謝料を支払う義務はありません。よって、設問のような主張が通らないわけではないです。
もっとも、不貞相手としては、慰謝料の支払い義務を免れるためにそのような主張をしている場合も多いですし、既婚者と知らなったとしても知りうる事情がある場合は、過失ありとして損害賠償責任を負う場合があります。
このような難しいケースは、ぜひ一度、専門家である弁護士に相談されるとよいと思います。

[質問 18]
関連するよくある質問
関連する基礎知識
関連する解決事例
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点42名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。