不倫の証拠

何が証拠になる?不倫の証拠の種類と集め方

何が証拠になる?不倫の証拠の種類と集め方

夫や妻の不倫を理由に「離婚」や「慰謝料請求」するためには、「不倫の証拠」が必要不可欠です。ただ、具体的にどのような証拠が有効なのか、またどうやって集めれば良いか、わからない方がほとんどです。

そこで今回は、不倫の証拠になるものとその集め方について、詳しく解説します。

1.不倫の証拠で重要なのは「肉体関係」

夫や妻の不倫の証拠を集めるときには、その証拠によって「肉体関係」を証明できるかどうかが重要です。不倫のことを法律上「不貞」と言いますが、法律上の「不貞」は、配偶者のある人が、他の異性と肉体関係を持つことだからです。単にお互いに好意を抱いている状態やデートや食事をしているだけでは法律上の「不貞」にはなりませんし、慰謝料も発生しません。

たとえば証拠のメールを見つけたとしても、それによって直接的に肉体関係が示されていないのであれば、証拠としては「弱い」ことになってしまいます。

では具体的にどのようなものが不倫の証拠となるのか、どう集めれば良いのかを紹介していきます。

2.不倫の証拠の一覧

まずは不倫の証拠になる可能性があるものを一覧で確認します。

  • メールやLINEのメッセージ
  • 通話記録
  • 配偶者や不倫相手のブログ、SNS
  • 写真
  • 日記やスケジュール帳、カレンダーなど
  • 配偶者が利用している交通ICカードなど
  • 領収証やクレジットカードの明細書など
  • 浮気の自認書
  • 興信所の調査報告書

ケースによっても異なりますが、上記のようなものが有効です。

3.証拠の集め方と証拠価値

次に、それぞれの証拠の具体的な収集方法と証拠価値(証明力の程度)について、ご説明します。

(1) メールやLINEのメッセージ

配偶者と不倫相手のメールやLINEなどのメッセージは、不倫の証拠として使われることがとても多いです。これにより、不倫が発覚するケースも多々あります(詳しくは「夫のLineをのぞき見したら不倫発覚!?Lineは不倫の証拠になるのか?」をご覧ください)。

ただし、メールやメッセージのみで「肉体関係」を証明できることは少ないです。通常の男女のメールで、性行為についての直接的な話題を交わしていることは稀だからです。
そこで、できるだけ「夜、相手の家に泊まった」「旅行をした」など、性行為があったと窺わせるような記述を探しましょう。

また、「会いたい」やハートマークなどのメールが完全に無価値なわけではありません。そういったものも、間接的には不倫(不貞)の証拠になるので、怪しいと思うものがあったらすべて集めていきましょう。

メールを証拠にとるときには、メール画面を撮影する方法と転送する方法があります。

転送すると「偽造」「変造」などと言われることがあるので、できれば写真撮影をしておいた方が確実です。ただ、量が膨大であったり時間がなかったりするときには、まとめて転送をしておいても良いでしょう。LINEの場合には、バックアップとして一括で転送できる機能があります。

(2) 通話記録

夫や妻とあなたの携帯電話の契約をファミリー契約にしていて、あなたが契約者となっているときには、配偶者の通話履歴を取り寄せることができます。

夫や妻が不倫している場合には、夜中などの不自然な時間に特定の電話番号の相手と長電話していることがよくあります。そのような場合、通話明細から不倫の事実を推測することが可能です。

ただ、通話明細があっても、それだけでは肉体関係を証明できないので、完璧な証拠にはなりません。1つの資料として有効となるという意味です。

また、不倫相手の素性がわからないときには、相手の携帯電話番号から氏名や住所を調べられるケースもあるので、通話明細は非常に有効な資料となります。入手できるときには電話会社に照会をして、是非とも入手しておきましょう。

(3) 配偶者や不倫相手のブログ、SNS

配偶者や不倫相手のブログやツイッターなどの記録から不倫を推測できるケースも多いです。

たとえば、配偶者が「仕事がある」などと言って出ていき、家にいなかった日に不倫相手のブログを見ると、「恋人と過ごした」ことが書いてある場合などもありますし、配偶者が贈ったプレゼントが不倫相手のブログにアップされているケースなどもあります。
ブログやSNSの内容から相手の仕事内容や職場などが判明することもあるので、こういったものもわかる範囲で集めておきましょう。

ブログやSNSの証拠化の方法は、URLを保存することも大切ですが、相手が感づいて消してしまうことも考えられます。そこでプリントアウトして保存しておくことをお勧めします。量が膨大な場合、弁護士のところに持ってくるときに重要な部分に付箋をしておくとスムーズに話を進められ、弁護士としても助かります。

(4) 写真

配偶者や不倫相手の写った写真も不倫の証拠になりますが、写真については、直接的に肉体関係を示すものとそうでないものの差が激しいです。

たとえば性交渉の最中にふざけて撮影した写真や動画、相手の半裸や全裸の写真があれば、肉体関係を証明できたも同然です。そうではなく、屋外において普通に2人で写っているだけであれば、不倫の証拠としては弱いです

これらの写真についても、弁護士に相談する時には全部持って来て下さい。

(5) 日記やスケジュール帳、カレンダーなど

配偶者が日記やスケジュール帳をつけている場合、その中身によって不倫を推測できることがあります。配偶者が不倫相手と会ったことやそのときの状況を書いていたり、不倫相手と会う日に特別なマークをつけていたりすることが多いからです。

直接的に肉体関係を示せなくても、不倫を推測させる間接的な証拠にはなるので、コピーをとるなどして弁護士のところに持参しましょう。

(6) 配偶者が利用している交通ICカードなど

配偶者が電車やバスの交通ICカードを利用している場合、その利用記録が不倫の証明につながることがあります。

電車やバスを使って浮気相手のところに通っている場合、利用履歴に利用した駅名と利用時間が反映されるからです。たとえば会社帰りにしょっちゅう特定の駅で下りていたり、休日出勤があると言っていた日に特定の駅に通っていたりすると、不倫している可能性が高まります。

また、不倫相手の住所が不明な場合には、下車駅の近隣に住んでいることがわかるので、調べるきっかけにもなります。

同様に、高速道路のETCカードが不倫の証拠になるケースもあります。
利用履歴についてはネット上などで確認できることが多いので、確認してプリントアウトによって証拠化しましょう。

(7) 領収証やクレジットカードの明細書など

配偶者と不倫相手がデートするときには、いろいろなお金が発生します。レストランで食事をすることもありますし、テーマパーク、映画館などに入場することもあるでしょう。

それらの領収証や半券なども不倫の証拠になります。また、クレジットカードで支払いをしたときには、明細書を証拠にすることが可能です。

(8) 浮気の自認書、示談書

浮気相手に慰謝料請求をするとき、相手が不倫を認めたら「不貞しました」という内容の自認書を書かせることができます。浮気の自認書は、後に配偶者に対して慰謝料請求や離婚裁判をするときの証拠として利用できます。

同じように、先に配偶者に離婚や慰謝料の請求をしたときに、配偶者に「不倫しました」と言う内容の自認書を書かせることができれば、浮気相手に慰謝料請求をするときの証拠として利用できます。

浮気相手との「示談書」や配偶者との「協議離婚書」にも同じことが言えます。
浮気相手との示談書に「〇〇(配偶者の名前)との不貞にもとづいて、慰謝料〇〇円を支払います」と書かれていたら、後の配偶者に対する離婚請求の際に利用できますし、配偶者との協議離婚書において「〇〇(不倫相手の名前)との不貞にもとづいて離婚慰謝料〇〇円を支払います」などと書かれていたら、後に不倫相手に慰謝料請求をするときの証拠になります。

示談や離婚をするときには「文書によって不貞を認めさせる」ことも重要なポイントとなります。

(9) 興信所の調査報告書

自分の力だけでは肉体関係を示す証拠を集められない場合には、興信所に依頼をして尾行調査をしてもらう方法も効果的です。
興信所が相手方らの不倫の場面を押さえて報告書にすれば、それは裁判でも利用できる有効な証拠となるからです。

尾行調査してもらうことにより、不倫相手の氏名や住所、勤務先などが判明することもあるので、証拠が足りないときや不倫相手の素性が不明な場合には、思い切って相談してみると良いでしょう。

4.証拠が揃ったら弁護士に相談を

不倫を証明したければ、肉体関係を証明できる証拠をたくさん集めましょう。
手元にある程度証拠が揃ったら、弁護士のところまで持参下さい。夫や妻に対する離婚請求や不倫相手への慰謝料請求などの具体的なステップに進むことができます。

一方で、証拠が思うように集まらず行き詰まってしまったときにも、弁護士にご相談ください。状況に応じて証拠の集め方をアドバイスいたしますので、御遠慮なくお問い合わせいただけましたら幸いです。

配偶者に不倫されたら不安になるものですが、証拠さえ揃っていればあなたの側が有利になります。「怪しい」と感じたらまずは不倫の証拠を探し、弁護士の力を使って解決につなげましょう。

\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】44拠点48名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!