不倫の証拠

夫・妻の不倫メールを発見!不貞行為の証拠となる?

夫・妻の不倫メールを発見!不貞行為の証拠となる?

不倫は、メールのやりとりなどから発覚することも多いため、メールの文章を証拠として提出したいと考える方は多いです。

しかし、裁判で不倫を証明する上では、メールだけでは不十分なケースが多いです。

では、携帯やスマホのメール、そしてgmailなどのウェブメールは、証拠として意味のないものなのかというと、そんなことはありません。

今回は、夫や妻の不倫メールを発見したときに、そのメールをどう証拠化するか、どう活用するかについて、弁護士が解説します。

1.メールは不倫の証拠になるの?

実際、メールだけでは裁判などで不倫を証明するのには足りないことが多いです。

(1) 不倫の証明には「肉体関係」の立証が必要

では、なぜメールだけでは不十分なのでしょうか?
それは、不倫を証明するためには「配偶者と不倫相手の肉体関係」を立証しなければならないからです。

法律的に、不倫や浮気のことを「不貞」と言います。不貞行為は離婚原因にもなっていますし、夫や妻が不貞をしていたら、本人や不貞相手に対して慰謝料請求も可能です。

ただし、法律上の「不貞」と言えるためには、「男女の性関係」が必要です。
単に親しく交際していて、男女の愛情をもっているだけでは不貞行為にならないのです。

(2) 「好き」「愛してる」だけでは足りない

メールだけで「男女の性関係」が分かるケースは稀です。

普通、不倫相手とのメールで、肉体関係を直接示すようなメッセージを送り合うことは少ないです。たとえば、メールでお互いに「好き」や「愛してる」「また会いたい」などと書いていても、肉体関係があるかどうかまではわかりません。

メールで不貞行為を証明できるのは、たとえばメールの内容から2人でラブホテルに宿泊している事実が判明した場合や、性行為の内容について記載がある場合など、「肉体関係があると強く推測できる場合」に限定されてきます。

このことは、メールだけではなくLINEなどのメッセージ、SNSやブログなどの記録、手紙などでも同じです。

2.裁判におけるメールの証拠価値

配偶者と不倫相手とのメールによって直接肉体関係を証明できないとすると、メールは無価値なのでしょうか?

そのようなことはありません。
確かに肉体関係を直接示さないメールは、単独では不倫を証明することができませんが、他の証拠と相まって不倫を証明できる可能性があるからです。

たとえば、以下のような証拠を一緒に揃えると、メールも不倫を示す一事情となります。

  • ラブホテルのカードやホテルの領収証
  • 一緒に旅行に行ったときの交通費の明細書、飛行機の予約履歴、利用履歴
  • 配偶者と不倫相手が写っている写真
  • 配偶者と不倫相手が頻繁に会話している電話の通話履歴
  • 配偶者と不倫相手がプレゼントを贈り合っていることを示す領収証やクレジットカード明細書、プレゼントの現物
  • デートの支払に使われた費用の領収証やクレジットカードの明細書

上記の証拠のそれぞれについても、証拠価値に差があります。

たとえば同じ写真でも、配偶者と不倫相手の性交渉の最中にふざけて撮影したものや、不倫相手の裸や半裸の写真があると、直接的に肉体関係を証明できるので、不倫の証明につながりやすいです。
一方で、外でデートしている最中に2人で写っているだけの写真では、不倫の証拠として弱いです。

ただ、1つ1つは完璧でなくても、さまざまな証拠を合わせることによって不倫を証明できる可能性が高くなります。
そこで、メールを発見したときには、手元に保存して、後に証拠として利用できる状態に整えることが大切です。

3.メールを証拠化する方法と注意点

裁判所に提出するため、携帯やスマホのメールを証拠化する際には、いくつかの方法があります。

もっとも推奨されるのは、写真撮影です。メールを転送する方法や、スクリーンショット(スクショ)を取って自分のスマホや携帯に送る方法も考えられますが、このような手段ですと「変造」「偽造」などと反論されてしまう可能性があります。

メールの写真は、スマホや携帯の画面をそのままカメラで撮影します。

このとき、いくつか注意点があるのでご説明します。

(1) 本文だけではなく送受信者名、送受信日時も撮影する

まず、メールを撮影するときには、メールのやり取りの本文だけではなく送信者名、受信者名、送受信の日時など、すべて撮っておく必要があります。

メールを発見した当事者であるあなたが見ると、そのメールは明らかに配偶者と不倫相手が交わしたものであっても、後に第三者が見たときには、誰から誰へのメールかがわからないからです。
配偶者や不倫相手から「そのメールは私が送ったものではありません」と言われれば、それ以上何も反論できなくなってしまいます。

また、送受信の日時も重要です。メールは、単独では何を意味しているのかがわからないことが多いからです。

通常、メールのやり取りをする際には、何度か送信と受信を繰り返して会話をします。そこで、送受信日時の順に並べることにより、ようやく相手方らが何について話をしているのかがわかるのです。

送受信日時が入っていないと、後になって見返そうとしたときに、1つ1つのメールがばらばらになって、まったく意味のわからないものとなってしまうので注意が必要です。

(2) 携帯電話の外観も撮影する

スマホや携帯のメールを撮影するときには、スマホや携帯の外観も写るように、写真を撮りましょう。

そうしないと、相手から「この画面の携帯(スマホ)は私のものではない」と言われてしまう可能性があるためです。

(3) 1枚に入りきらない場合は複数に分ける

次に、メールは1枚の写真に収まりきらないことが多いので、その場合の撮影方法をご説明します。
この場合メール画面をスクロールして、写真を何枚かに分けて、複数の写真によってすべての文章が反映されるようにします。

メールが長い場合には、1通のメールでも、写真の枚数が3枚や4枚以上になることもあります。
その場合には、前後のつながりがわかるように、1枚目の文末と2枚目の文頭が重なるように撮影していくと良いでしょう。

重なり合いがないと、後で順番に並べようとしたときに、どの写真の次にどの写真が来るのかがわからなくなってしまうおそれが高まります。

(4) 写真に番号を振る

1通のメールの写真が複数になった場合には、後でかまわないので写真に番号を振りましょう。
そうでないと、どの順番で読んでいけば良いかがわからなくなってしまうからです。

写真の保存方法はプリントアウトしてもデータのままでもかまいませんが、裁判所に提出するときにはプリントアウトした「紙の写真」が必要になります。

そこで、写真はプリントアウトしてそれぞれに番号を振り、送受信日時に従って並べた上で提出しましょう。

4.メールを調べるときの注意点

夫や妻のメールを調べるとき、「不正アクセス禁止法」に注意が必要です。
不正アクセス禁止法とは、他人のIDやパスワードを使って他人のウェブ上のデータや情報にアクセスすることを禁止している法律です。

配偶者のIDやパスワードを使って勝手にウェブメールやSNSにログインすると、たとえ夫婦であっても不正アクセス禁止法違反になってしまいます。

別居している場合だけではなく、同居の夫婦間でも犯罪が成立します。適用される可能性のある刑罰は、3年以下の懲役または100万円以下の罰金刑です。

ただし、不正アクセス禁止法で処罰されるのは、他人のIDやパスワードを使ってウェブ上のデータを盗み見た場合です。すでにダウンロードしているメールやLINEなどのデータを見ることは不正アクセス禁止法違反になりません。

夫のLineをのぞき見したら不倫発覚!?Lineは不倫の証拠になるのか?

[参考記事]

夫のLineをのぞき見したら不倫発覚!?Lineは不倫の証拠になるのか?

たとえば、相手がスマホや携帯をロックしているときに暗証番号を入力してロックを解除しても、ウェブにアクセスしない限りは不正アクセス防止法になりません。

危険なのは、gmailなどのウェブメールです。
この場合、メールデータはウェブ上に存在しているので、確認するためには配偶者のIDやパスワードを入力してウェブ上のデータにアクセスすることになります。すると不正アクセス禁止法違反が成立します。

つまり、メールの場合、既にダウンロードされていてスマホやPCに保存されているものであれば、ロック解除しても違法ではありませんが、ウェブメールを盗み見ると違法になるということです。

メールを調べる方法について不安があるならば、弁護士に相談してください。

5.浮気・不倫の証拠を集めたら弁護士へ

いかがでしょうか。メールを証拠にしていく流れが少しイメージできたでしょうか。

繰り返しになりますが、メール上で不倫相手とのやりとりが明確に記載されていても、それだけでは交渉・裁判には不十分であり、その他さまざまな証拠を集めていく必要があります。
しかし、これを一人で収集するのは、正直大変です。

メール以外の不倫の証拠につきましては、以下の記事で詳しく解説しています。

何が証拠になる?不倫の証拠の種類と集め方

[参考記事]

何が証拠になる?不倫の証拠の種類と集め方

不倫問題については、自分なりに証拠を集めつつ、不倫慰謝料問題に強い弁護士に相談し、アドバイスを受けることをお勧めします。

泉総合法律事務所では、これまで不倫慰謝料請求に関する多数のご相談をお受けしております。無料相談も受け付けておりますので、ぜひご連絡ください。

\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】41拠点44名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!