不倫の証拠

夫のLineをのぞき見したら不倫発覚!?Lineは不倫の証拠になるのか?

夫のLineをのぞき見したら不倫発覚!?Lineは不倫の証拠になるのか?

スマホやSNSが普及し、不倫相手とのやりとりにSNSを利用しているという人も少なくありません。SNSの中でも特に最近人気を集めているのがLINEで、爆発的に利用者数を伸ばしていることもあり、LINEのやり取りから不倫が発覚するというケースが増えてきています。

では、こうした不倫相手とのLINEのやり取りは、不倫の証拠として使えるのでしょうか。不倫慰謝料を請求する側としては、気になるところですね。

そこで、今回は、配偶者のLINEに不倫の疑いのあるやり取りがあった場合に、それが不倫の証拠になるのか、そもそも配偶者のLINEをのぞき見することに問題はないのかなどにつき解説したいと思います。

1.LINEのやり取りは不倫の証拠として使える?

不倫慰謝料請求が認められるには、不貞行為、つまり肉体関係があったことを立証する必要があります。

LINEのやり取りで、もし肉体関係があることを直接的に示すものがあればそれは強い証拠になるでしょう。

しかし、明らかに肉体関係があることを示しているといえるものは、実際にはあまりありません。LINEやメールなどでのやり取りでは、曖昧な表現が多く、不倫や肉体関係の存在を匂わせる内容ではあっても、それだけで不貞行為があったとまで言えないものがほとんどです。

たとえば、「愛しているよ」という発言があっても、それだけでは肉体関係があるとまでは言えませんし、「冗談で言っただけ」という言い訳も可能です。他にも「昨日は気持ちよかった」といった発言があったとしても、それだけではそれが性行為のことを指しているかどうかは判然としません。

ですが、それだけでは証拠として弱くても、LINEのやり取り全体から2人でラブホテルに行ったことが分かったり、ラブホテルの領収書やクレジットカードの利用明細など他の証拠と組み合わせたりすることで、不倫の証拠として使える可能性はあります。

また、LINEのやり取りから2人がこれから密会する情報をつかめれば、不倫の現場を押さえたり、探偵に依頼してラブホテルなどに出入りするところの写真を撮ってもらったりと、他の強力な証拠を得る手がかりとなることもあります。

2.LINEをのぞき見することに問題はない?

LINEのやり取りが不倫の証拠になりうるとして、そもそも配偶者のLINEを勝手にのぞき見することに問題はないのでしょうか。もし問題がある場合、証拠として使えなくなってしまうのでしょうか。

これは少々難しい問題です。たとえ夫婦でもプライバシーはありますから、配偶者のスマホを勝手に操作してメールやLINEを見たりすれば、プライバシーを侵害することになります。場合によっては、配偶者からプライバシー侵害に基づく損害賠償請求される可能性もあります(実際に請求が認められるかどうかはまた別問題です)。

ただ、プライバシーを侵害したからといって、裁判所で絶対に証拠として扱ってもらえないというわけではありません。メールやLINEのやり取りが不倫の証拠として提出された場合、その収集方法がプライバシーを侵害していることは現実にはよくあるのですが、証拠として認められるケースも少なくありません。

もっとも、証拠から排除されてしまった例もありますので、絶対に大丈夫という保証はないと言えます。

また、ロックがかかっている状態で、パスワードを解除して勝手にログインしてLINEをのぞき見た場合には、プライバシー侵害の問題だけでなく、不正アクセス禁止法違反の罪に問われる可能性があります。

このように、配偶者のLINEを勝手にのぞき見ることにはリスクが伴いますので、行うとしても犯罪にならないよう十分注意する必要があります。

3.LINEのやり取りを証拠として残すには

不倫を匂わせるLINEのやり取りを発見した場合、どうやって証拠として残したらよいでしょうか。

まず、LINE上のやり取りはデジタルデータです。デジタルデータは加工や編集が簡単にできますので、「改ざんしたのではないか?」と疑われないように保存しておく必要があります。

具体的には、LINEのやり取りが表示されているスマホの画面自体を写真撮影しておくという方法が考えられます。

できれば、そのスマホが配偶者のものであることが明らかになるように、そのスマホの電話番号が表示されているプロフィール画面も一緒に撮影しておくのがよいでしょう。

4.まとめ

以上ご説明しましたように、LINEのやり取りが不倫の証拠として使える可能性があることはお分かりいただけたかと思います。

ただ、実際にそのやり取りが証拠として使えるのか、どのように使っていくのがよいのかといったことについては、迷われることも多いと思われます。

そのような場合には、ぜひ弁護士にご相談ください。

泉総合法律事務所では、これまでに不倫慰謝料請求に関するご相談を多数お受けしておりますので、経験豊富な弁護士が親身にアドバイスいたします。

関連するコラム
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】35拠点46名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!