不倫の証拠

旦那の浮気をLINE(ライン)で見つけた後の流れとポイント

「ふと旦那のスマホに知らない女性からLINEが。内容を見てみると、怪しいメッセージのやりとりが大量に…!」
皆さんはこんな状況のとき、どのように対応しますか?

浮気を疑い配偶者を問い詰めるのが通常ですが、実はすぐに問い詰めるのは得策ではありません。

今回は、旦那の浮気をLINEで知った後、慰謝料を取るためにとるべき行動についてご説明します。

1.LINEでの連絡は慰謝料請求できる?

まず、LINE(ライン)で他の異性との怪しいやりとりを見つけたら、慰謝料請求はできるのでしょうか?
慰謝料請求が可能になる条件についてご説明します。

(1) LINEの親密なだけでは慰謝料は請求できない

配偶者が楽しそうにスマホを見つめている時間が長くなったら、直感で疑う方も多いのではないでしょうか?

確かに、LINEのやり取りから浮気が発覚することは非常に多いといえます。
「昨日は楽しかったね」なんてメッセージを見つけてしまったら、怪しむのは当然です。

しかし、大量のメッセージの中でも肉体関係を連想させるやりとりがない場合は、慰謝料請求が難しいです。
というのも、不倫慰謝料請求には、原則として肉体関係が必要となってくるためです。

不倫は法律上「不貞行為」といいますが、この不貞行為の定義には、デートやキスなどの親密な関係は基本的には含まれておらず、肉体関係を指しています。

LINEの親密なやりとりだけでは、不倫と断定して慰謝料請求をすることは難しいといえるでしょう。

[参考記事]

LINE・メールだけの関係!肉体関係なしの浮気の慰謝料請求は可能?

(2) 肉体関係の証拠が揃えば慰謝料請求は可能

LINEだけでは不倫慰謝料を請求するのは難しいことが多いのですが、場合によっては可能です。
具体的には以下のようなケースです。

  • LINEの内容に、肉体関係を連想させるやりとりがある
  • LINEをきっかけに複数の別の証拠を見つけることができた

LINEの内容自体に肉体関係があったことを連想させるようなやりとりや写真などがあればそれが一番楽ですが、そうではなく日常的に親密なやりとりをしている場合でも、交際を裏付ける間接的な証拠になり得ます。

勘の良い方は、LINEのやりとりを見つけたことをきっかけに「他にも何かあるのでは?」と証拠を集めようとします。これにより、さまざまな別の証拠が見つかることも多いです。

LINEだけでは慰謝料請求をすることはできないと考えるのではなく、LINEをきっかけに不倫の証拠を集める・不倫の事実を調査するということが必要です。

[参考記事]

夫のLINEで浮気・不倫発覚!?慰謝料請求の証拠となるのか

このように、LINEの内容や他の証拠などを揃えることにより、不倫慰謝料請求が可能になる事例も多くあります。

なお、不倫慰謝料の請求では、最低限相手方の「名前」と「住所」を把握する必要があります。
「LINEしか分からない」という場合は、登録された連絡先等から電話番号を見つけることで、弁護士会照会(弁護士法23条の2)で特定できる可能性があります(必ず特定できるわけではありません)。

2.LINEで不倫を見つけた後の正しい対処法

次に、LINEで怪しいやりとりを見つけたしまった後にすぐにすべきことや、その後の流れをお伝えします。

(1) 突然問い詰めるのはNG

知らない女性の名前をLINEで見てしまったら、誰でも動揺します。
このとき、絶対にやってはいけないことの1つが相手を問い詰めて怒ることです。

普通に考えれば、すぐに怒って関係をやめさせるのが一番なのですが、慰謝料請求をしたい場合は冷静になって一度怒りを鎮める必要があります。

なぜなら、浮気が発覚したとわかると、なんとかして証拠を消そうとする人がいるからです。

実際のところ、後で慰謝料請求をすると主張しても、証拠が消されてしまい請求できないことも十分にありえます。また相手の女性に連絡し、その場で修羅場になってしまうということもあります。

怒りは当然ですが、将来的なことも考え、慰謝料を請求する手段を残しておくのも大切です。

(2) できる限り証拠を集める

LINEで怪しいやりとりを見つけたら、それを証拠としておさえましょう

相手が否定できないような決定的な証拠をおさえてからでも怒るのは遅くありません。
すぐに証拠を残しておけば、相手に消されても対処することができます。

LINEのメールのやりとりを撮影する場合は、スクショではなく画面ごと写真を撮るのがおすすめです。
スクショだと改ざんだと疑われてしまう可能性があるため、できる限り疑われない方法を取ることが大切です。

たくさんメールのやりとりがある場合は、できるだけ怪しいものを撮影するようにしましょう。
具体的には、肉体関係を連想させるようなやりとりです。写真や動画などが送信されている場合は、それも一緒に撮影しておきましょう。

また、日時などを映した、継続的に連絡を取り合っているという証拠も有効です。

【できるだけ複数の証拠を集める】
不倫慰謝料請求を本格的に検討する場合は、請求前にできるだけ多くの証拠を集めるようにしましょう。配偶者だけでなく浮気相手から否定された場合にも備えて多くの証拠が必要となります。
ご自身で見つけることが難しい場合、探偵に調査を依頼するのも1つの方法です。
参考:不倫の証拠集め|難しい不貞行為の立証のために重要なこと

 

(3) 相手の出方を見つつ、自分の気持ちを確かめる

証拠をおさえたら、相手に不倫の事実を突きつけても良い時期がきたといえます。相手に否定されても、証拠があるので十分な対応ができるでしょう。

相手が反論するのか、素直に謝罪するのかによってあなたの気持ちも異なるはずです。相手の出方を見て、ご自身の気持ちも時間をかけて整理しましょう。
最終的には、配偶者との関係をどうすべきかを考えてください。

具体的には、謝罪で許すのか、慰謝料請求をするのか、配偶者と離婚をするのか、などです。

[参考記事]

旦那の不倫・浮気を許せない|許す条件や方法とは?

3.確実に関係を終わらせたいなら弁護士へ依頼

離婚する・しないにかかわらず「LINEを含めた浮気相手との関係を完全に断ち切ってほしい」と考える方は多いでしょう。これを婚姻関係継続の条件にされる方も少なくありません。
確実に関係を終わらせたいなら、弁護士に依頼して浮気相手に慰謝料請求をすべきです。

その理由としては以下が挙げられます。

  • 弁護士を間に入れることで、相手が本気で受け止めやすい
  • 冷静に交渉を進められる
  • 適正額の慰謝料を請求でき、ショックを与えることができる
  • 減額交渉にも強気で対応できる
  • 慰謝料だけでなく、関係を断つことの誓約なども示談書に組み込める

謝罪だけで不倫を終わらせると、熱りが覚めた頃にまた交際が始まることも少なくありません。また、別の浮気相手と不倫関係を結ぶ可能性もあります。

弁護士を挟んだ上で慰謝料請求をすれば、浮気をした配偶者・浮気相手ともに真剣に受け止めるようになります。適正額を要求することで、相手も自分の犯した過ちを後悔するでしょう。

減額交渉をされる、不倫を否定されることも少なくありませんが、これに対しても弁護士は適切に反論できます。強気で交渉を進められるのは大きな利点です。

また、不倫相手が職場の女性などの場合、「二度とプライベートで連絡を取らない」などの誓約条項も入れることが有効であり、仮に破った場合には違約金を請求することもできます。

[参考記事]

接触禁止条項に違反するとどうなる?違約金の相場はある?

「弁護士に依頼した」というだけで、慰謝料を支払う必要がないと考えていた浮気相手や配偶者も真剣に向き合うようになることは多いです。

関係を確実に終わらせるため、今後の不倫対策のためにも、弁護士を交えて慰謝料請求をすることをおすすめいたします。

[参考記事]

不倫慰謝料請求は自分でできる?

4.浮気の証拠を見つけたら弁護士にご相談を

LINEで怪しいやりとりを見つけたら、まずは証拠をおさえましょう。これが先の慰謝料請求に確実につながります。

不倫で嫌な思いをしても我慢をする必要はありません。相手にきちんと償ってもらうためにも慰謝料請求は必要です。

離婚しない場合には、浮気相手だけに請求することも可能です。まずはお気軽に、泉総合法律事務所の弁護士にご相談ください。

関連するコラム
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】38拠点41名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。