離婚

夫婦カウンセリングとは|内容・効果、メリット&デメリット

配偶者が不倫をした場合、夫婦再構築を目指して許そうと努力していても「心がついていかずにどうしても難しい」と感じるのは当然です。
他方、不倫してしまった方も「反省し夫婦関係改善に向けて努力しているものの、相手が応じてくれない」という悩みが出ることがあるかもしれません。

当事者間の話し合いで解決できない問題を抱えているなら、夫婦カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

今回は、不倫問題時にも利用できる「夫婦カウンセリング」について解説します。

1.夫婦カウンセリングについて

(1) 夫婦カウンセリングとは?

結婚生活が長くなればなるほど、人にはなかなか相談できない悩みを抱えている夫婦は多いものです。

時間が解決する場合もあれば、夫婦がお互いに努力して解決し、婚姻生活を続けていくケースもあります。
しかし、内容によっては「どうしても許せない」「コミュニケーションがうまくいかない」など、関係改善が難しいこともあります。

そんなときに役立つのが夫婦カウンセリングです。専門のカウンセラーが夫婦間にある問題を聞き、それに対する解決策をアドバイスします。
相談者はカウンセラーの意見を取り入れながら、夫婦間における問題を話し合って解決を図ることになります。

夫婦カウンセリングは、夫婦関係改善のみを目的とすると考える方もいらっしゃいますが、実際には改善だけでなく、離婚も視野に入れた問題解決を目的としています。

ゴールの方向性は個々の夫婦によって異なりますが、夫婦だけでは解決できない問題を、専門家を交えて話していくことで、解決の糸口を見つけることは共通しています。

(2) 夫婦カウンセリングの相談内容

夫婦カウンセリングを受けるとしても「こんなことを相談して大丈夫?」と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

夫婦カウンセリングでは、夫婦間の問題であれば基本的にどのような内容でも相談対象です。
以下のような内容がよくある相談です。

  • 夫婦関係を修復したい
  • 相手の不倫・浮気を許せない
  • 家で会話がない(相手に魅力を感じない、セックスレス)
  • 子育てに関する意見の相違
  • 人生に関する価値観の相違

夫婦仲が良くない場合に「夫婦関係を修復したい」という目的で相談する方が最も多いでしょう。
そして、夫婦仲が悪くなってしまった原因として不倫もよくあります。どちらかが不倫をしてしまい、夫婦関係を改善できず相談に至るのです。

この他にも、夫婦間のコミュニケーションに関するさまざまな問題や、子育てや教育方針に関しての意見の相違、結婚前は知り得なかった相手の癖や価値観の違いなどについても、話し合うことで解決の糸口が見つかります。

2.夫婦カウンセリングの効果

夫婦カウンセリングの実際の効果としては、以下のようなものがあげられます。

  • 前向きな気持ちになれる
  • 夫婦関係の改善
  • 夫婦間で対立していた物事の糸口が見つかる
  • お互いの良さを再確認できる
  • 関係修復が不可能だとわかり、離婚に進める

家庭内のプライベートをあまり話したくないという方もいらっしゃるでしょう。
しかし、プライバシー配慮の整った空間で専門家に話を聞いてもらうだけでも心が落ち着き、前向きになれたという方もいます。

前向きな気持ちになったことで、夫婦関係をより良くしていこうという気持ちがお互いに芽生えたという方もいます。第三者でかつ専門家の意見が間に入ることにより、新しい視点で問題を見つめ直すことができ、これにより夫婦間の揉め事に関する解決の見通しが立つこともあります。

夫婦カウンセリングという場で、お互いに正直かつ冷静に話をすることで、夫婦関係を改善できた方もいます。
逆に冷静に話し合うことで、夫婦関係を元に戻すことはできないと結論が出たというケースもあるでしょう。

このように、カウンセリングを受けることで、解決できなかった夫婦間の問題を前に進める効果があるのです。

3.夫婦カウンセリングのメリット・デメリット

次に、夫婦カウンセリングを受けることのメリットとデメリットについてご説明します。

(1) 夫婦カウンセリングのメリット

夫婦カウンセリングを受けることには、以下のようなメリットがあるでしょう。

  • 専門家からのアドバイスをもらえる
  • 話をすることで精神的に楽になる
  • 先の見えない状況を前に進めることができる

夫婦で問題について話していると、いつも同じところで意見の相違が出て喧嘩になる、着地点がいつも同じで解決できない、という問題に直面するかもしれません。

しかし、夫婦カウンセリングでは、専門的かつ第三者の視点でアドバイスを行うため、これまでとは異なる新しい視点で話し合いを進めていくことができます。これにより、夫婦だけで話し合うより解決の可能性が高まります。

「話し合っても無駄」と思い、夫婦関係の改善も離婚もどちらも望めない状況に陥ってしまうと、夫婦それぞれが辛い想いをします。
先の見えない状況でも、第三者を交えて冷静に論理的に話を進めていくことで、先の方向性が見えてくるのです。

(2) 夫婦カウンセリングのデメリット

夫婦カウンセリングのデメリットは以下の通りです。

  • 費用がかかる
  • カウンセラーと話が合わないこともある
  • 望んだ結果にならないこともある

夫婦カウンセリングを受ける際、最初のハードルとなるのが費用です。1-2時間のカウンセリングで1万円程度の費用がかかってしまうことから、躊躇してしまう方も多いようです。

また、勇気を出して夫婦カウンセリングを受けてみたものの、カウンセラーと相性が合わない・アドバイスが的を射ていないなど、人によっては満足のいく結果が得られない可能性はあります。

そして、夫婦の一方は関係改善を望んでいて、他方は離婚を望んでいるケースもあります。この場合、話し合った結果、最終的にはどちらかの希望に沿わない結果になることがあるでしょう。
また、残念ながらお互いに納得する結論が出ないこともあります。

4.夫婦問題はカウンセラーと弁護士のどちらに相談すべき?

(1) カウンセラーに相談すべきケース

カウンセラーに相談すべきケースとしては、以下を挙げることができます。

  • 関係修復を望む場合
  • 子育てに関する相談など、離婚が視野に入っていない場合
  • 離婚そのものを決断していない場合

夫婦関係の改善や修復を望んでいる場合には、夫婦カウンセリングが適しています。
「修復したいけどどうしたら良いかわからない」「話し合っても喧嘩ばかり」「コミュニケーションを図りたい」などの場合は、カウンセラーに相談してください。

また、子育てに関する価値観の相違などもカウンセラーに相談すべきです。婚姻関係を続けていくことが前提で話し合いたい場合は夫婦カウンセリングが役立ちます。

離婚を視野には入れているもののまだ決断していない場合離婚すべきかどうかで意見の対立がある場合も夫婦カウンセリングが向いています。

(2) 弁護士に相談すべきケース

弁護士に相談すべき夫婦問題は、基本的に法律問題を相談したい場合です。
夫婦関係改善の方法を弁護士はアドバイスすることはできませんが、離婚や慰謝料請求など法律の知識が必要な場合には弁護士が役立ちます。

  • 離婚や慰謝料請求など、具体的な行動が決まっている場合
  • 慰謝料請求などの具体的な金額が知りたい場合

いざ離婚や慰謝料請求をしようと決断しても、何から始めれば良いのか分からないでしょう。

そのような時は、法律の専門家である弁護士が味方になってくれます。今後の方針やすべきこと、必要な証拠に関するアドバイスなどを受けることが可能です。

離婚慰謝料不倫慰謝料請求などでは、「どのくらいの金額を請求できるのか」ということも気になるでしょう。
実際に慰謝料を請求できるのか、という問題もありますので、このような具体的かつ踏み込んだ内容を聞きたい場合には、弁護士に相談すべきです。

なお、不倫後に離婚しない場合でも、不倫相手にだけ慰謝料請求をすることは可能です。
夫婦間における法律問題・不倫慰謝料請求などでお悩みの方は、ぜひ泉総合法律事務所までご連絡ください。

関連するコラム
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】35拠点41名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。