慰謝料

慰謝料が払えない!?高額な不倫慰謝料を請求されたときのポイント

慰謝料が払えない!?高額な不倫慰謝料を請求されたときのポイント

経済的に余裕があり、不倫慰謝料を請求されてすぐにその金額を用意できる人もいれば、経済的に全く余裕がない人もいます。不倫慰謝料を請求されてもその金額を支払うことが難しい場合、どのようにして問題を解決していけばよいのでしょうか。

本コラムでは、高額な不倫慰謝料を請求されて支払いが難しい場合の対処法や、一括払いが難しい場合の対処法などにつき解説したいと思います。

1.減額交渉

高額な不倫慰謝料を請求されて支払いが難しい場合、まず減額交渉をすることが考えられます。

一般的な不倫慰謝料の相場よりもかなり高額な請求がされたような場合、相場の金額やその他の減額根拠を示して減額交渉をする余地があります。

たとえば、相場からすると100万円程度の慰謝料が妥当な事案で、500万円の不倫慰謝料を請求されたような場合、かりに裁判をしても500万円という金額が認定される可能性が低いことを説明して、減額交渉することが可能でしょう。

減額交渉をする際には、具体的な減額の根拠を主張することが重要です。

減額の根拠として主張できるものは、たとえば、不貞行為の回数が少ない・不倫期間が短いといった事情や、不倫相手が上司の立場を利用して迫ってきたために断り切れずに不倫関係をもってしまったといった事情などが考えられます。

経済的事情(収入や資産が少なくて支払いが困難といった事情)を理由に減額交渉することも考えられますが、ただ「お金がないから払えません」、「収入が少ないので減額してください」と主張するだけでは、相手方は簡単には応じてくれないでしょう。

少なくとも、その金額を支払うことが困難な事情を具体的に説明し、支払い可能な金額を示して誠意をもって支払うことを伝えて交渉する必要があります。

2.分割払いの交渉

不倫慰謝料の支払いは、一括払いを要求されるのが通常です。しかし、不倫慰謝料として支払う金額は数十万円から数百万円になることが多いので、その金額を一括で支払うことが難しい場合もあります。そのような場合には、分割払いで支払うことを認めてもらえないか交渉してみましょう。

もちろん、請求する側としては早く支払ってもらいたいので、「一括払いでなければ応じない」と断られるケースもありますが、「払ってもらえるなら分割でもよい」と応じてもらえることもあります。

分割払いについては、分割回数や1回の支払金額に決まりや相場があるわけではありませんから、相手方との交渉次第となりますが、あまり長期の分割払いですと、応じてもらうのは難しくなるでしょう。

また、最初にある程度の金額を頭金として一括で支払い、残りを分割払いにしてもらうといった方法も考えられます。

ただ、不倫慰謝料の支払いを分割払いにした場合は、示談書を強制執行認諾文言が入った公正証書で作成することになるケースが多いと思われます。その場合、支払いが遅滞すると財産や給与の差押えがされてしまうおそれがありますので、支払いを遅滞しないよう注意が必要です。

3.借り入れをして支払う

交渉しても、減額は無理、分割払いにも応じてもらえない、という場合には、親や兄弟などの親族から借り入れをしたり、あるいはキャッシングやカードローンを利用してお金を用意して支払うことも検討してみましょう。

実際にお金がないとしても、「お金がないのだから払えませんよ」と開き直っては、相手を怒らせるだけです。裁判になり、不倫慰謝料の支払いを命じる判決が出されれば、財産や給与が差し押さえられてしまうリスクもあります。

自分自身の収入や財産で支払原資を用意できないのであれば、後はどこからか借りて支払うことも考えてみましょう。

4.まとめ

上でご説明したように、請求された不倫慰謝料を支払うことが難しい場合、減額交渉や分割払い交渉をしてみるという対応が考えられます。

ですが、当事者の方がご自身で直接相手方と交渉するのはなかなか難しく、相手方をかえって怒らせたり、感情的になったりして失敗してしまうこともあります。

減額交渉や分割払いの交渉は、弁護士にご依頼いただくことでスムーズに進むことが少なくありませんので、不倫慰謝料を請求されてお悩みの方は、ぜひ一度弁護士にご相談ください。

泉総合法律事務所では、不貞慰謝料請求に関するご相談は初回無料でお受けしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】42拠点44名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!