慰謝料

婚姻破綻とは?どうして不倫慰謝料額を減額できるの?

婚姻破綻とは?どうして不倫慰謝料額を減額できるの?

配偶者の不貞相手に対し慰謝料の請求を行うと、不貞相手やその代理人から、請求者夫妻の夫婦関係は、不貞行為の開始時において、既に破綻していたので、慰謝料の支払義務はない旨の反論がなされることがあります。

この婚姻関係の破綻とは、いかなる状態のことを言い、また、慰謝料請求との関係においては、どのような意味を持つのかを説明していきたいと思います。

1.婚姻関係の破綻とは?

明確に定められた定義があるというわけではないのですが、「婚姻関係の破綻」とは、裁判例によれば、「婚姻を継続しがたい重大な事情があると評価できるほどに、婚姻関係が完全に修復の見込みのない状況に立ち入っていることを指す。」と解されています。

2.慰謝料請求との関係で、婚姻関係の破綻が認められるとどうなるの?

そもそも、不倫慰謝料の請求が認められる根拠は、不貞行為により、請求者とその配偶者との平穏な婚姻生活を営む権利が侵害されたことにあります。

そうすると、形式的には婚姻関係が存在するとしても、既に、その婚姻関係が実質的に破綻している場合には、保護されるべき利益がないので、慰謝料の請求が認められないことになります。

また、婚姻関係が破綻したとまでは言えないまでも、婚姻関係が相当程度に悪化し破綻に準ずると評価できる場合には、その程度に応じて、慰謝料の請求額は減額される可能性があります。

3.どういう場合に婚姻関係の破綻が認められるの?

不貞相手が、請求者の配偶者から、「うちの夫(妻)とは、うまくていっておらず、離婚の話も出ていて、将来分かれるつもりである。」等の話を聞いていたとしても、それだけでは、夫婦関係の破綻が認められるわけではありません。

夫婦関係の破綻を基礎づける具体的な事実を主張する必要があります。

この点について、例えば、請求者とそのパートナーとが、不貞開始当時、既に別居しており離婚に向けた話し合いを行っている又は離婚調停中であるという場合、既に別居から数年が経過しておりその間請求者とその配偶者との間で連絡等はほとんどなかったという場合には、婚姻関係の破綻は認められやすくなると言えるでしょう。

また、同居している場合でも、会話や食事等の日常的接触が既になくなっており、そのような状況が相当期間継続し、寝室や家計まで別々であれば、破綻していると認められやすいと言えるでしょう。

よって、このような事情がある時には、積極的に主張していくべきです。

また、そのような段階に至ってなくとも、夫婦関係の悪化を基礎づける事情があれば、積極的に主張していくべきです。ケースによっては、破綻に準ずる事情として、相当額の減額が認められる場合があります。

4.まとめ

上述したように、婚姻関係の破綻の問題は、破綻が認められた場合には、慰謝料の請求がゼロになるような重要な問題です。

しかし、請求された側がいくら婚姻関係が破綻していたと主張しても、なかなか相手方は、これを認めようとしないのが通常です。これには、婚姻関係の破綻を基礎づける具体的な事実を収集し、それを法的に評価して、一つ一つ丁寧な法的主張を展開していくことが必要になってきます。

他方で、請求側としても、不貞相手より、婚姻関係の破綻の主張があった場合には、婚姻関係が良好に営まれたことを基礎づける具体的事実を証拠とともに主張していく必要があります。

このような作業は、熟練した弁護士に相談するのが得策といえるでしょう。

不倫慰謝料の問題で、婚姻関係の破綻が問題になっている場合には、婚姻関係の破綻の問題に詳しい、当事務所の弁護士に、ぜひ、ご相談ください。

\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】42拠点45名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!