慰謝料

彼氏が既婚者だった!騙された場合の慰謝料獲得の流れや注意点

交際していた人が実は既婚者だったということが分かると、相当なショックを受けてしまいます。
何とかして相手に復讐したい・仕返ししたいと考えても、どう対処したら良いかわからず困ってしまう方も多いでしょう。

一つの有効な対処法としては、騙された相手に慰謝料請求をすることが挙げられます。
ただし、注意しないと自分が逆に慰謝料請求をされてしまう可能性もあるため、注意点を確認しておくべきです。

今回は、既婚を隠して付き合っていた交際相手に慰謝料請求をする方法をお伝えします。

1.既婚者に騙された場合に可能な対処法

交際していた相手が既婚者だと発覚したら、慰謝料請求を検討すべきです。

相手が独身だと思っていたのに、実は既婚者だったというトラブルは少なくありません。
この場合、被害に遭った方としては、なんとかして相手に責任を取ってもらいたいと考えるでしょう。

この場合の慰謝料請求の根拠としては、貞操権の侵害が挙げられます。

貞操権とは、性交渉をするかしないかだけでなく、性交渉をする相手を選ぶ権利を指し、仮に自分の性的な権利を侵害された場合には、貞操権の侵害を理由に損害賠償請求が可能となります。

貞操権の侵害についてよくある事例としては、先に挙げたように「既婚者であるのに独身だと偽り性交渉を持った」事例が挙げられます。

相手と関係を持つに際し、独身だという情報を前提に交際を始めたのですから、性交渉を選ぶ権利を侵害されたといえるのです。

実際の裁判例でも、貞操権の侵害に基づく慰謝料請求が認められています。

[参考記事]

貞操権侵害とは|意味、具体例、慰謝料相場を解説

【既婚の発覚後にしてはいけない対応】
慰謝料請求以外でも、相手の責任を追及する方法が思い浮かぶ方もいらっしゃるでしょう。しかし、安易な仕返しは逆に慰謝料請求を受けてしまうなどのリスクが伴いますので、控えるべきです。具体的には以下のようなやり方です。
・相手の配偶者と直接話す
・会社に電話する
・発覚後も交際を続ける
特に、既婚者だと分かった後でも交際を続けてしまうのはNGです。最初に騙されて交際した場合でも、途中からは故意または過失があると考えられ、相手の配偶者から不貞行為に関する損害賠償を請求される可能性が高くなります。

2.慰謝料請求の流れ

「慰謝料を請求したい」「騙した相手を訴えたい」などと考える場合、どのように手続きを進めていくのが良いのでしょうか?

一般的には、相手方と話し合いによって慰謝料の交渉を進めていきます。
多くの場合では内容証明郵便を相手方に送付した上で、慰謝料請求の交渉を始めることになるでしょう。

内容証明郵便を送付するのは多少手間がかかるものの、以下の点で有効です。
(なお、内容証明郵便は自分でも作成して送ることができます。)

  • 相手に本気度が伝わる
  • 口頭での話し合いだけでは話が進まない

交際していた相手からいきなり、書面で「慰謝料を請求します」と送られてきたら、大抵の方は動揺します。

相手が本気で慰謝料請求をしてきたと考えるでしょうから、口頭で伝えるよりもきちんとした対応が得られます。

また、話し合いでは喧嘩になってしまい、お金の話が進まないというケースも多々ありますが、一旦文書で請求することでスムーズに交渉が始められるというメリットがあるでしょう。

もっとも、貞操権の侵害事件では、ご自身で内容証明郵便を送付すると相手の家族に知られてしまうリスクがあります。そうなると泥沼化してしまう可能性もありますので、弁護士を介して交渉を進めていくという方法も効果的です。

[参考記事]

内容証明の作成を弁護士に依頼するメリット・デメリットと費用相場

2人で話し合っても埒が明かないという場合には、専門家を交えて間接的に交渉を進めていく方法がおすすめです。

【「既婚者に騙された」と訴えることは可能?】
既婚者に独身だと偽られ、交際してしまった場合、相手を損害賠償請求で訴えることは可能です。しかし、これは慰謝料請求をする場合に最初にすべき行動ではありません。訴えが必要になるのは、最終手段と考えるべきです。
損害賠償請求の訴訟を起こす場合、裁判は公開の法廷で行います。訴状も相手の住所に送付されるため、家族が浮気の事実を知る可能性が高くなります。そうなると、相手の配偶者から不貞行為に関する損害賠償請求を受けるリスクも高くなり、これも泥沼の状態になってしまいます。

3.貞操権の侵害に利用できる証拠

(1) 証拠の必要性

騙した相手に慰謝料を請求する場合、証拠は必ず必要になります。
その理由としては、以下が挙げられます。

  • 相手が「知っていたはず」と反論してくる
  • 裁判になったときに必要になる

例えば、「相手は既婚者と分かって交際していた」「休日に会えないことで暗に気づいていたはず」という反論です。
被害者がいくら「騙された」「気づくことができなかった」といっても、その証拠がなければこれに対する反論は難しくなります。

客観的証拠があれば容易に反論ができるので、慰謝料請求の話し合いもスムーズに進みます。

また、交渉で決裂した場合には、最終的に裁判となります。そうすると、客観的な証拠がない限りは敗訴してしまう可能性が高くなりますので、できるだけ早めに証拠を集めておく必要があるのです。

証拠は時間の経過とともに探すのが難しくなります。騙されたと気付いて、相手に責任を取ってもらいたいと考えた場合には、真っ先に証拠を集めるようにしましょう。

(2) 貞操権の侵害に利用できる証拠

とはいっても、どのような証拠を集めれば良いのかが問題です。

証拠を収集する場合には、以下の視点から必要なものをできるだけ多く集めてください。

  • 独身だと騙して交際したことを示すもの
  • 性交渉を証明できるもの
  • 損害を示すもの

例えば、最近では婚活アプリで知り合う方が多いですが、これは基本的に独身であることが前提です。

そのため、婚活アプリに登録していた証拠(日時とその人だとわかる内容など)や、LINEやDMで「独身」と言っていたら、騙していたことを示す十分な証拠となります。データとして集め、印刷しておきましょう。

性交渉を証明できるものとしては、一緒に旅行に行ったことを示す写真やクレジットの明細、ホテルで取った写真などできるだけ交際期間も示すものを集めてください。もらったプレゼントなども間接的な証拠になります。

損害を示すものとは、ご自身が精神的苦痛を与えられたことを示す証拠です。
例えば、妊娠・中絶を示すものや、交際をやめた後に精神科に通院した病院の明細、診断書などがあれば有効です。

4.慰謝料請求を弁護士に依頼すべき理由

既婚者だと騙されて交際していた場合、相手に慰謝料を請求する場合にはできれば専門家である弁護士に相談すべきです。
というのも、貞操権の侵害事件は、トラブルに発展しやすく請求が難しいこともよくあるからです。

弁護士に依頼することには、以下のようなメリットがあります。

  • 知識と経験を持って交渉を有利に進められる
  • 相手と直接対峙しないで済む
  • 裁判や相手の配偶者からの追及にも対処可能

弁護士には不法行為に基づく慰謝料請求に関し、法律に関する十分な知識と経験があります。これを持って交渉を始めることで有利に進めていくことができるでしょう。

ご自身で交渉するよりも、相手が本気で受け止めやすくプレッシャーをかけられるという利点もあります。

また、相手と直接やりとりしないで済むので、精神的な負担が少なくなります。

さらに、相手の配偶者にバレてしまい、慰謝料を請求されてしまったという事例もあるでしょう。この場合にも、弁護士が冷静に対応していくことで最終的には慰謝料を勝ち取れる可能性があります。

裁判になった場合でも、法律の専門家ですので安心して任せられるでしょう。

5.慰謝料請求に強い弁護士にご相談を

既婚者に騙されて性交渉を持ってしまった場合には、貞操権の侵害で慰謝料を請求しましょう。

請求する場合には、周囲を無用に巻き込まないようにするためにも、自分の味方となってくれる弁護士に相談することが重要です。

関連するコラム
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点42名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。