不倫(不貞行為)

不倫を解消したい方必見|別れ方を見誤ったトラブルを把握しよう

不倫を解消したい方必見|別れ時のトラブルは弁護士にご相談を

不倫関係を終わらせたい」と思い始めたとき、どうすれば穏便に別れられるのかと考えを巡らす方も多いのではないでしょうか?
不倫がバレることの影響を考えると、早く関係を終わらせたい反面、「怖くて言えない」、「傷つけたくないので言えない」という方も多いでしょう。

実際、不倫関係の終わりを既婚者側から伝えるのは大変です。「配偶者にバラす」といわれ、トラブルになってしまうこともあります。

今回は、不倫の法的解釈から不倫関係のリスク、別れ際に良くあるトラブルを、弁護士の観点から説明します。

1.不倫の法的解釈

まずは、不倫の法的解釈についてご説明します。

「不倫行為は倫理的にはダメというのはわかっているけど、法律上は大した問題にはならない」と考えている方も多いようです。
では、実際のところ、不倫は法律上どのように考えられているのでしょうか。

まず、不倫行為を行ったとしても、刑罰で罰せられることはありません(実際に、不倫で逮捕されるなんて聞いたことないはずです)。

昔は、姦通罪といって、日本にも不倫で罰せられる法律は実は存在しましたが、現在は廃止されています。

もっとも、不倫は法律上なんら問題がないかといえばそうではありません。
「不倫で慰謝料を請求された」という内容はよく耳にすることと思いますが、これには法律上の根拠が存在します。

民法上、不倫行為は不貞行為と定義されています。
婚姻中に配偶者以外の異性と性的関係をもつことは、夫婦間の貞操義務に反することであると考えられているのです。

仮に不貞行為を行えば、法定離婚事由にもなるため(民法770条1項1号)、裁判で離婚訴訟が起こされたら強制的に離婚しなければいけない可能性は高くなるでしょう。

また、離婚事由にとどまらず、不貞行為は不法行為と認識されているため、損害賠償を請求することも可能です(同法709条)。
不貞行為が離婚に結びついた場合や、不貞行為そのものによって傷つけられた気持ちは金銭で償われることになります。

これが一般にいう不倫慰謝料となりますが、相場としては50~300万円程度です。
慰謝料の金額は、不倫の期間や頻度、婚姻期間等によって変わってきますが、配偶者にバレると大金を失う可能性があるのは間違いないでしょう。

2.不倫がバレたら失うお金、信用、家族

不倫がバレた場合に失うものは、想像以上に大きいものとなります。

具体的には、①お金、②信用、③家族の3つでしょう。

(1) 大金を失う

先に説明したように、配偶者に不倫がバレると、慰謝料を請求される可能性があります。

慰謝料は、共同不法行為者である不倫した配偶者と不倫相手の両方が負担することになり、50~300万円程度が一気に消失してしまうのです。

仮に、不倫相手を独身だと騙していた場合は、この慰謝料請求は不倫した既婚者のみが背負うことになるため負担も大きくなります。
また、このような場合は不倫相手から慰謝料を請求される可能性もあります。

(2) 信用を失う

不倫は民法上問題となる行為であるだけでなく、倫理的にも問題がある行為です。そのため、周囲にバレてしまうと信用を失います。

女性の場合は、特に、友人であったとしても、不倫をきっかけに疎遠になってしまうことがあります。
不倫行為自体が重く受け止められ、周囲に信用できる人がいなくなってしまう可能性もあるのです。

また、職場不倫の場合は、信用を失い、異動や事実上の解雇をつきつけられるかもしれません。

不倫を理由に解雇はできませんが、職場に居づらくなることから、自主退職に追い込まれてしまうことは考えられます。
そうでなくても、仕事がやりににくくなるなどの影響も考えられるでしょう。

(3) 家族を失う

一番辛いのは、不倫された配偶者です。事実を知れば、離婚の危機に直面することが多いでしょう。

不倫は、今でも離婚理由のトップ3に入ります。
一度は許してもらえると考える方もいますが、それほど甘くありません。一度の浮気で離婚というケースも当然あります。許してもらえても、その後夫婦関係が徐々に悪化し結果的に離婚というカップルもたくさんいるのです。

また、女性が不倫をしてばれた場合は、男性の方が女性よりも不倫を許せない方の割合が多く、男性が不倫をした場合よりも離婚の可能性は高くなるとの統計もあります。
さらに、離婚により子どもと一緒に生活できなくなってしまう可能性もあります。

3.不倫の別れ際によくあるトラブル事例

次に、不倫の別れ際によくあるトラブル事例を見ていきましょう。

(1) 「奥さん・旦那にバラす」と脅される

別れを告げる際、困惑した相手が「奥さん・旦那にバラしてやる!」と怒ってしまうことはよくあります。
本人も辛くて、言葉だけ強気に出てしまっているケースもありますが、本気でバラしてしまうことも十分に考えられます。

具体的には、以下のような行為が挙げられます。

  • 家に直接電話をかけて配偶者に「別れてほしい」とお願いする
  • あなたのスマホから配偶者にLINEでメッセージを送る
  • 家に押しかける

このような強行的な手段に出てしまうケースは少なからず存在します。

バラされてしまったら、配偶者の機嫌が悪くなるだけで済めば良いですが、離婚や損害賠償の問題に発展することもあるでしょう。

(2) 不倫相手が会社に押しかけてくる

「別れよう」と言ったあと、「別れたくない」と押し問答になってしまい、その日は家に帰ったということもあるでしょう。
この場合、相手がいてもたってもいられず、会社に押しかけてくるケースがあります。

会社に来ることで、職場に噂が広まり、あなたの信用が傷つけられてしまう可能性があります。
このようなケースでは、怒鳴ったりすると逆効果ですので、上手になだめて社外で話し、一旦家に帰ってもらうように促しましょう。

また、社内不倫の場合、あなたの立場を悪くするために会社に報告するといった事例もあります。
この場合は、先に説明したように、仕事がしづらくなるだけでなく、異動や転勤などの問題も発生することになります。

(3) SNS上に不倫の証拠がばら撒かれる

最近では、SNSを日常的に利用している方も多いのではないでしょうか?

不倫相手との写真を撮ったことがあるという方は、SNSにアップされる危険があるということを肝に銘じておきましょう。

特に、別れるときは感情的になり、「不倫をバラしてやりたい」という気持ちになりがちです。
SNSにアップすれば、多くの人が閲覧できる状態になり、あなたの友人や配偶者、家族にも知られてしまう可能性があります。

実際に、嫌がらせとして性行為の動画をネット上にアップされてしまった事例もあります。

(4)慰謝料・手切れ金を請求される

一番よくあるトラブルっても過言ではないのが、金銭を要求される事例です。

特に、「配偶者とは離婚寸前だ」「独身だ」などと嘘をついていた場合には、相手の怒りはピークに達します。
騙されていたという気持ちから慰謝料を請求したり、手切れ金を要求したりしてくることがあるでしょう。

不倫相手に手切れ金を支払う場合の注意点

[参考記事]

不倫相手に手切れ金を支払う場合の注意点

この場合は、高額な慰謝料・手切れ金が要求されることもあるので、早い段階で弁護士に相談したほうが懸命です。

以上が、よくあるトラブル事例です。

4.別れ際にトラブルになったら弁護士に相談を

どんな理由があったとしても、それぞれにとって別れは辛いものです。できるだけ穏便に関係を解消するためにも、しっかりと話し合いをして別れることが大切です。

しかし、うまく別れようと努力しても結果的にトラブルに繋がってしまったという方も多いのが実情です。

もし、別れ際に「配偶者にバラす」と脅されたり、慰謝料を請求されたり、等があったなら、専門家である弁護士にご相談ください。

\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】44拠点48名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!