不倫(不貞行為)

単身赴任中の夫の浮気が発覚した方へ|証拠集めと慰謝料請求

単身赴任中の夫の浮気が発覚した方へ|証拠集めと慰謝料請求

単身赴任は、不倫などの男女トラブルが増えてしまいがちなシチュエーションです。寂しさや心細さ、そしてバレにくいなどの要素が重なり、つい不倫に走ってしまう場合があるのです。

もし、単身赴任中の夫に浮気の兆候があったり、不安があったりするなら、対処法を知っておきましょう。

今回は、単身不倫中の不倫の損害賠償請求について、証拠の集め方も含めて解説します。

1.単身赴任中の不倫

(1) 不倫による損害賠償請求が可能

単身赴任では、物理的に夫婦が離れて生活することになるため、なかなかコミュケーションがとれず、夫婦関係が上手くいかないことも多いかもしれません。
特に、離れて1人で暮らす男性の場合は、寂しさから他の異性との不倫行為に走ってしまうケースも少なくありません。

もっとも、そのような出来心での不倫の代償は大きいものといえます。

婚姻中の浮気行為については、法律上「不貞行為」と表現します。夫婦は、婚姻後は他の異性と性的な関係を持つことは許されず、これに反して不貞行為を行った場合には、不貞行為により傷ついた気持ちに対しても償いが認められ、離婚もできることが民法上明記されている(770条1項1号)のです。
つまり、不貞行為を行ってしまうと、不貞行為によって傷ついた配偶者は不倫を行った配偶者に対し損害賠償請求をすることが可能となります(709条)。

「寂しかった」「不安だった」など理由はあるかもしれませんが、これは言い訳にすぎないことになりますので、不倫された側は慰謝料を請求することができます。

不倫慰謝料の額は、一般的に50万円〜300万円といわれています。
もっとも、実際の額は、不倫の期間、回数、婚姻関係の期間、子どもの有無、支払う側の経済状況等によって変わるため、一概に「不倫をしたからいくら」ということはいえません。

このように、単身赴任中であっても、不倫行為に対しては損害賠償請求をすることが可能です。
どれくらい請求できるのか気になる方は、弁護士に相談してみましょう。

(2) 離婚は必須ではない

「夫に慰謝料請求」と聞くと、離婚が前提であることをイメージする方も多いでしょう。
しかし、不倫の慰謝料請求に関しては、離婚は必須ではありません。婚姻関係は継続しつつも、不倫相手や配偶者に対し慰謝料請求を行うことは可能です。

つまり、「単身赴任中の不安からだったようだし、一回くらいなら許そうかな…」と思った場合、離婚をせずに慰謝料だけを請求することも可能なのです。

ただし、通常夫婦間ではお財布を1つにしている方も多いと思いますので、この場合は不倫相手にのみ慰謝料を請求することがほとんどです。

もっとも、離婚しない場合には、慰謝料額は低くなる傾向にあります。

「離婚と不倫慰謝料|離婚しない場合、する場合の慰謝料相場と請求先」

[参考記事]

離婚と不倫慰謝料|離婚しない場合、する場合の慰謝料相場と請求先

(3) 単身赴任中の不倫は長続きしない?

実は、単身赴任中の不倫は長続きしないことが多いと言われています。
というのも、最初にお伝えした通り、単身赴任中の浮気は「家族と離れたことの寂しさ」などから気の迷いで行ってしまうことが多いためです。

単身赴任を経験した後に、「家族の大切さが分かった」という配偶者も多いそうです。

単身赴任中に不倫をされてしまい、「もう離婚すべきか」と考えている方も多いかもしれません。
しかし、不倫は一時的なものと考えられる場合、離婚については様子を見て考えるというのも1つの選択肢でしょう。

特に、お子さんがいるご家庭などでは、離婚に関しては慎重に考えたほうが良いケースもあります。
上記の通り、不倫相手にのみ慰謝料請求をするという方法もありますので、慎重に判断をすることが大切です。

2.単身赴任中の不倫を確認する方法

不倫慰謝料を請求するには、明確な不倫の証拠が必要です。
しかし、単身赴任中であると、その証拠集めも困難なことが多いでしょう。

次に、単身赴任中の不倫を確認し、証拠を集める方法を解説します。

(1) 単身赴任中の不倫の兆候

下記のような兆候がある場合は、単身赴任中の不倫の可能性があります。

  • 毎日の連絡が減った
  • 休日出勤が多くなった
  • いきなり帰ってくることが増えた

毎日の連絡が「忙しい」と言って途切れがちになるのは、やはり危険な兆候です。休日出勤が増え、「帰って来られなくなった」という連絡が増えるのも怪しいケースです。不倫相手との時間を優先している可能性があります。

これ以外でも、「単身赴任中の家に来られては困る」と思い、いきなり自宅を訪問してくるケースが増えたという例もあります。罪悪感から帰ってくることが増えたという場合もあります。

もちろん、このような環境や兆候があるからといって、必ず不倫しているわけではありません。
もっとも、怪しいと感じる場合は、注意した方が良いといえるでしょう。

(2) 単身赴任中でもできる不倫の証拠の集め方

「不倫の兆候もあるし、絶対に不倫していると思い実際に夫に尋ねてみたが、事実を認めない…」という場合もあります。

実際に損害賠償を請求したいと考えるなら、当事者が不倫を認めない場合、証拠集めが必要です。弁護士に依頼する場合でも、実際に不倫の証拠を集めるのは依頼者となります。
そのため、単身赴任中の不倫の証拠の集め方を知っておきましょう。

(3) 不倫の決定的な証拠になるもの

不倫の決定的な証拠としては、以下のものが挙げられます。

  • ラブホテルに入る写真
  • 部屋に女性が入る写真
  • 性行為を連想ささせる写真・動画
  • 交際がわかるメッセージのやりとり

通常の不倫の場合は、夫婦は通常一緒に生活しているため、帰ってくる時間やスマホなどを確認しやすく、ご自身で証拠を集めることも可能です。
しかし、単身赴任の場合は生活状況を把握することが難しいため、証拠を集めるのも難しくなります。証拠集めのための一番確実な方法は興信所に依頼することになりますが、お金がかかります。

夫に不倫を認めさせるための証拠を集めでご自身ができることで、具体的な方法としては以下の内容です。

  • クレジットカードの明細を確認する
  • SNSをチェックする
  • 家に行って、生活状況をチェックする

単身赴任中の場合でも、クレジットカードの利用履歴は確認することができるはずです。出張がないはずなのに、宿泊費などがかかっていないかチェックしてください。
外食費も、約2人分の飲食代の場合は、不倫相手に使ったお金の可能性があります。

また、SNSで知らない女性とのやりとりを頻繁に行っていないかチェックしてみるのもよいでしょう。インスタグラムやフェイスブックでこまめにコメントを入れているなどの状況があれば、親密な関係の可能性があります。
不倫相手を知るきっかけになる可能性も多いにあるでしょう。

さらに、できれば一度単身赴任中の部屋をチェックしに行ってください。冷蔵庫に普段食べないスイーツがある、自炊しないのに手料理がたくさんある、部屋や排水溝に長い髪の毛が落ちている、なんてこともあります。

夫にこれらの証拠を突きつければ、不倫を認める可能性は高くなります。

まずはご自身で決定的な証拠を見つけて、夫と話し合ってみてください。不倫について認めたら、損害賠償請求を検討してみましょう。

何が証拠になる?不倫の証拠の種類と集め方

[参考記事]

不倫の証拠集め|難しい不貞行為の立証のために重要なこと

3.不倫をやめさせる・防止する方法は?

では、最後に不倫をやめさせる方法・防止する方法はないのかを検討します。

(1) こまめに会いに行く

やはり、会いに行くのが一番でしょう。

「妻が来るかもしれない」と思うと、他の女性を家に連れ込もうという気はなくなるはずですし、一緒にいる時間を増やすことで所謂「出来心」も防止できます。

(2) 連絡を頻繁にとる

連絡も、できるだけ毎日とるようにしましょう。相手からの連絡を待つだけではなく、こちらからの連絡も積極的に行うことで、「寂しい」という気持ちにさせないようにすることも大切です。

また、スカイプ通話や電話などで、お互いに毎日あったことなどを報告することで、支え合っていることを実感できるようにしましょう。

(3) 家族や子どもの写真を部屋に飾ってもらう

単身赴任中の部屋に家族の写真を置くと、浮気防止効果があるようです。やはり、家族の気配がある場所に不倫相手を連れてこよう思わない傾向にあります。

もっとも、写真はすぐに隠すこともできるので、しっかりと飾っているかどうかをたまにチェックすることも大切です。

これらの方法は、必ず不倫をやめさせられる・防止できるという方法ではありませんが、やってみる価値はあります。不倫の兆候がある場合は、ぜひ実践してみてください。

4.単身赴任中の不倫でお悩みなら弁護士に相談を

単身赴任中の不倫が発覚し、証拠も出揃ったら、不倫慰謝料請求のために専門家である弁護士に相談しましょう。

「本当に不倫慰謝料を請求できるの?」と不安になることもあるかと思いますが、その点についても初回無料相談でわかりやすくご説明いたします。実際にいくらくらいの慰謝料が請求できるのかの見通しも立てることができます。

不倫慰謝料請求でお困りの方は、ぜひ泉総合法律事務所にご相談ください。

関連するコラム
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点46名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!