不倫(不貞行為)

単身赴任中の夫の浮気が発覚|証拠集めのポイント

単身赴任中に夫が浮気をしないか心配」という方は多いでしょう。

確かに、最近忙しくて連絡も毎日はとっていないという場合は、浮気のリスクが高くなるようです。
何だか怪しいと感じて調べたら、不倫が発覚したというケースもよく聞きます。

今回は、単身中に浮気が発覚した場合の慰謝料請求についてご説明します。

1.単身赴任中の不倫の注意点

単身赴任中に浮気をされた場合、「単身赴任中」という事情は慰謝料請求に響くのでしょうか?

(1) 不倫の慰謝料請求ができるケースとは

まず、不倫の慰謝料請求の条件をご説明します。

婚姻中の浮気で慰謝料請求ができる理由は、不倫が円満な婚姻生活を破壊する行為であるためです。

婚姻中の浮気である「不倫」は、法的には「不貞行為」と呼ばれます。

不倫(不貞行為)は婚姻生活を破壊する行為であるだけでなく、配偶者の心を傷つける行為であることから、その精神的苦痛に対して慰謝料請求が認められている(709条、710条)のです。

もっとも、浮気があればどのような場合でも慰謝料請求が認められるわけではありません。

具体的には、①不貞行為があったことと、②不貞行為以前に婚姻関係の破綻がなかったことという事実が必要です。

不貞行為とは、肉体関係があったことを指し、デートや手を繋ぐ、ハグをする、キスをする行為は含まれません。

また、婚姻関係の破綻とは、婚姻関係継続の意思がなく婚姻生活の回復の見込みがない状態を指します。具体的にいうと、離婚調停中や長期に渡る別居中などを指します。

浮気前から離婚寸前で、回復不可能といえるほど婚姻関係が悪化した状態であった場合には、守るべき円満な婚姻関係がなくなってしまうため慰謝料請求ができなくなってしまうのです。

(2) 単身赴任中でも慰謝料請求は可能

不倫の慰謝料請求をするためには、①不貞行為があったこと、と②不貞行為以前に婚姻関係の破綻がなかったことが必要だとお話ししました。

そうすると、単身赴任中で別居していた点については、慰謝料請求で不利に扱われることはあるのでしょうか?

単身赴任中で離れて暮らしている場合、「別居」とみなされて婚姻関係の破綻の事情として考えられてしまわないか不安という方もいらっしゃるでしょう。

しかし、これについては心配無用です。単身赴任自体は婚姻生活を続けるため、家族の生活を守るために離れて暮らしているだけですから、婚姻関係破綻の事実とは認められません

そのため、単身赴任自体が慰謝料請求をする上において不利な事情として働くことはないでしょう。

ただし、単身赴任前から夫婦関係が悪く日頃から連絡も取らない、お互いに会いにも行かない、など実質的な「離婚前の別居」であったと捉えることができる場合には、減額の事情として作用する可能性はあるでしょう。

2.単身赴任中の不倫を確認する方法

単身赴任中の不倫にまだ確信がない場合は、まず本当に不倫があるのかどうかを確認してみましょう。

(1) 不倫のきっかけ

単身赴任中の浮気の原因の多くは「寂しさ」です。

これまで家族と暮らしていたのに、いきなり離れた場所で1人きりで暮らすことになり寂しさを感じます。そんなとき、職場の異性の仲良くなってしまうと不倫に走ってしまうことがあるようです。

寂しいものの家族と毎日のように電話などをしていた場合には特に問題ないようですが、それぞれが忙しくなり、電話のスケジュールが合わない・交通費をもらっても家に帰らないなどの事情が増えてくると、単身赴任先の暮らしに慣れてしまっているのかもしれません。

この間に、他の異性と一緒に過ごす時間を増やしていたというケースもあります。

反対に、一緒に暮らしている間は口喧嘩ばかりだったというケースでは「1人になって楽になった」と感じる人もいるようです。
このとき、独身時代のように遊んでしまう人もいます。

(2) 不倫をチェックする方法

離れて暮らしていると、浮気をチェックするのも難しいです。
しかし、疑わしい言動がある場合はきちんと確認しておくことが必要です。

単身赴任中の浮気をチェックする方法としては以下が挙げられます。

  • 夜に電話してみる
  • SNSをチェックする
  • 突然単身赴任先の家に行ってみる

まず、今いる場所からできる方法としては、夜遅い時間に電話してみることです。「声が聞きたくなった」と言って、電話してみましょう。

もし、遅い時間でも外にいる音がしたり、女性の声がしたりしたら怪しいと言えるでしょう。

また、家にいる様子でも早く切りたがっている場合は、ビデオ通話などに切り替えてもらうのも有効です。相当嫌がる、拒絶する場合には浮気があるかもしれません。

また、実際に浮気をしているのか確認するためには、単身赴任先の家にいきなり行ってみるのも1つの方法です。

浮気している場合は、必ず家に何らかの痕跡を残しています。女性の影がある場合は、浮気しているとわかるでしょう。

3.単身赴任中でもできる証拠の集め方

不倫の慰謝料請求をする場合、ご自身で不倫の証拠を掴まなければいけません。

弁護士は、不倫の証拠の集め方はレクチャーできますが、実際に探すのはご自身か探偵ということになるでしょう。
探偵に依頼するとどうしても費用がかかってきますので、できる範囲はご自身で証拠を集めることをおすすめします。

通常、不倫の証拠を集める場合は、スマホでメール(SMS)やLINEをチェックするのが一般的です。
しかし、これは単身赴任中には難しいでしょう。

自分でできる証拠集めのポイントとしては、以下が挙げられます。

  • クレジットカードの明細を確認する
  • SNSをチェックする
  • 家に行って、生活状況をチェックする

まず、クレジットカードの明細をチェックしてみましょう。

2人分のレストランの食事代や映画のチケットが2人分あるなどの場合は、他の証拠と合わせれば証拠となり得ます。
また、ラブホテルに泊まった際の明細があれば決定的な証拠になり得ます。

夫がSNSを利用している場合には、SNSをチェックしてみましょう。インスタやツイッター、Facebookなどのコメント欄などで異性との仲の良いやりとりがないか確認できます。

これ以外にも、夫の家に訪問した際に、生活状況をチェックするのは有効です。

女性が使う私物がある、家族以外の歯ブラシがある、掃除をして自分以外の長い髪の毛が出てくるなどのケースもありますので、細かくチェックしていきましょう。証拠として利用できるものもあるかもしれません。

何が証拠になる?不倫の証拠の種類と集め方

[参考記事]

不倫の証拠集め|難しい不貞行為の立証のために重要なこと

4.単身赴任中の不倫でお悩みなら弁護士に相談を

単身赴任中に不倫が発覚したら、慰謝料請求を考えましょう。
婚姻関係を続ける場合でも、不倫相手にだけ慰謝料請求をすることで関係に終止符を打つことができます。

また、誓約書を書いてもらい、「二度と会わない・連絡しない」という条項にサインしてもらえば、関係を確実に終結させられる可能性も高くなるでしょう。

ただ、ご自身で慰謝料請求や誓約書を書いてもらったりするのはそう簡単ではないでしょう。そんなときは弁護士を頼りましょう。

不倫慰謝料請求は、不倫問題に強い泉総合法律事務所の弁護士にお早めにご相談いただければと思います。

関連するコラム
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点43名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!