不倫(不貞行為)

不倫の心理|不倫する人の特徴はあるの?

不倫に走った配偶者に対し、「なぜ不倫をするの?」と考えを巡らせる方は多いでしょう。
不倫する人には、それぞれ理由があると思われます。その中には、家庭への不満が隠されていることもあるでしょう。

今回は、不倫の定義から不倫をしてしまう人の心理、不倫をやめさせる方法までをご説明します。

1.不倫の定義

まずは、不倫の定義についてご説明します。

(1) 法律上の不倫

メデイアなどでも頻繁に取り上げられている「不倫」ですが、実際のところ、なぜ不倫に慰謝料が発生するのか、法律上の根拠をご存知の方は少ないのではないでしょうか。

一般的に不倫とは、婚姻関係にある配偶者がもう片方の配偶者以外と性的な関係を持つことを指します。

法律上、不倫に当たる言葉としては、民法の「不貞行為」があります。

民法770条では5つの「法定離婚事由」が定められており、このどれかに当たる事実が認められれば、相手の同意なく裁判で離婚することが可能となります。
その1つとして規定されているのが不貞行為です。

不貞行為とは、ズバリ配偶者以外の人と肉体関係を持ったケースを指します。仮に不貞行為があった場合は、不倫をした配偶者・不倫相手ともに当該婚姻関係を破壊する行為であるため、不法行為に基づく損害賠償請求(709条)が認められます。

(2) 不倫と浮気との違い

一般的に「不倫」と「浮気」は同義のように使われていますが、厳密にはどのような違いがあるのでしょうか?

一般的に「浮気」とは、以下のように考えている方が多いのではないでしょうか。

  • 一時の気の迷い
  • 遊びの関係
  • 気持ちのない関係
  • 周囲を巻き込まない関係

このように、肉体関係があるかどうかよりも、気持ちの違いに重点を置いている方が多いでしょう。

いくら肉体関係があっても、「遊び」だと当事者間で認識が一致している場合は「浮気」、他方、どちらかが本気で相手の配偶者にもバレてしまった段階で「不倫」と定義する人が多いのかもしれません。

「本気」と「遊び」で何が変わる?|不倫慰謝料問題における本気度の影響

[参考記事]

「本気」と「遊び」で何が変わる?不倫慰謝料問題への本気度の影響

一方、法律上は、原則として肉体関係のある異性関係のみが不貞行為(=不倫)と定義されています。
そのため、デートやキス、手を繋ぐといった親密な関係における行為では、慰謝料を請求することが難しいといえます。

このような捉え方から考えると、肉体関係があるかどうかが不倫と浮気の違いともいえそうです。

2.不倫をする人の心理・特徴

次に、不倫をしてしまう人の心理を考えてみます。

(1) 不倫する男性の心理

不倫された妻の視点から考えると「なぜ男性は不倫するの?」と考えることでしょう。
そこで、浮気や不倫に走ってしまった男性側のよくある心理・理由をご説明します。

よくある不倫の理由としては、以下が挙げられます。

  • 現実逃避
  • ストレスのはけ口
  • 婚姻生活に対する不満
  • 子ども時代のトラウマ

一番多いのは、現実逃避のようです。
普段の生活に不満はなくても、自分のタイプの女性が近寄ってきたら相手にファンタジーを求めることはあるでしょう。結婚前に戻ったような若い気持ちに浸りたいという願望かもしれません。

次に、ストレスのはけ口に不倫相手を利用しているケースです。性交渉でストレスを解消する、優しく話を聞いてもらえるなど、自分を肯定した意見を言ってくれるなど、不倫相手は男性にとって都合の良い存在となりがちです。
不倫相手と一緒にいることで、ストレスを解消しているのかもしれません。

また、婚姻生活に対して不満を持っていることも原因となりえます。セックスレスや会話すらない、よく喧嘩をする、自分の要求を聞いてくれないなど、さまざまな不満を不倫で埋めている方もいます。

最後に、子ども時代のトラウマが影響していることも稀にあります。子どものときに親の不倫現場を目撃したという場合、不倫に対するハードルが低い可能性もあります。

(2) 女性が不倫をする理由・心理

一般的に、男性の方が女性よりも不倫に走りやすい体質だ、などと言われているようですが、性別関係なく不倫をする方は一定数存在します。
女性が不倫をする理由・心理としては以下が考えられるでしょう。

  • 夫、家庭に対する不満
  • 魅力的な異性が現れた

不倫をする女性の多くは、夫や家庭に対する不満を述べます。例えば、夫が家に帰って来ず寂しい、家事・育児を手伝ってくれない、子どもが生まれてから異性としてお互いを見られなくなった、マンネリ化しているなどです。
ある意味では、家庭に対するストレスを外で発散していると言えるのかもしれません。

また、夫以上に魅力的な異性が現れたという方もいます。この場合、多くは夫とはセックスレス、あるいは夫婦だけの時間を共有していないという事情があります。
そんなときに、魅力的な異性が現れ、恋に落ちてしまうことがあるようです。

(3) 既婚男性・既婚女性が本気になる理由

では、なぜ既婚男性・既婚女性ともに相手に本気になってしまうことがあるのでしょうか。

まず、大前提としては、不倫の大多数は本気にはなりません。というのも、先述の通り、不倫の理由の多くは現実逃避であるためです。

デートや性交渉を持つ相手として、不倫相手は最適であるかもしれませんが、現実に離婚してその人と一緒になるほどのことは考えていないことが多いです。特に、子どもがいると、離婚のハードルは高くなります。

これらを前提として、それでも本気になってしまう理由としては、以下が考えられます。

  • 肉体関係だけでなく相手に恋愛感情がある
  • 相手との婚姻生活が想像できる
  • 既に離婚準備に入っている

3.不倫をやめさせる方法と予防策

最後に、不倫をやめさせる方法と今後の不倫を防ぐための予防策をご紹介します。

(1) 不倫をやめさせる方法

不倫相手との関係が長期間であった場合、配偶者が「もうやめる」と言っても、信用できないことがあるでしょう。
確実にやめさせたい場合は、以下を参考にしてください。

  • 不倫の証拠をおさえる
  • 辛い気持ちを相手に打ち明ける
  • 相手に損害賠償を請求する

まず、不倫の確たる証拠を押さえましょう。相手が「不倫じゃない」といえないような確実な証拠です。

LINE、Instagramなどのやりとりはもちろんですが、できれば肉体関係を持ったことが明らかな写真、動画、メッセージなどが有効です。
不倫の証拠をおさえ、相手の言い訳を防ぎます。

いつか離婚を考えることがあれば、これは配偶者への損害賠償請求にも役に立ちます。

何が証拠になる?不倫の証拠の種類と集め方

[参考記事]

不倫の証拠集め|難しい不貞行為の立証のために重要なこと

また、辛い感情を相手に打ち明けることも大切です。
不倫された配偶者の多くは、怒りから相手を怒鳴るか、無口になってしまう方が多いそうです。ご自身が被った悲しいやり気ない気持ちを相手に打ち明けず、現実にある生活をとにかく進めようとします。

不倫をされた側の人は、自分が弱くなってはいけないと考えてしまいがちですが、相手に自分の気持ちを打ち明けることは、不倫をやめさせるために有効です。
どれくらい傷ついたのか、どんな気持ちだったのか、相手に伝えてみましょう。

最後に、不倫にけじめをつけるため、不倫相手に損害賠償請求をするのも1つの方法です。

[参考記事]

浮気相手にだけ不倫慰謝料を請求したい! 

損害賠償などの重い結果があると、不倫した配偶者も改心する可能性は高いといえるでしょう。

(2) 今後の不倫を防ぐ予防策

これ以上、不倫被害で辛い気持ちを経験しないようにするためにも、予防策をとっておく必要があります。具体的には、以下が有効です。

  • 普段から夫婦の時間を持つようにする
  • 相手の不満も聞くようにする
  • 今後不倫があった場合、どうなるのかを話し合っておく
  • 不倫が何度もある場合は、離婚を相手に持ちかける

夫婦のコミュニケーションが少ないと、浮気や不倫をする隙を与えてしまいます。毎日お互いの日常について話す時間を持つなど、夫婦の時間をできるだけ作るようにしてください。

また、不満を持ったら相手に伝えましょう。そして、相手の不満も聞いてあげることが大切です。
相手に「わかってもらえない」という気持ちを持たせると、再度不倫に走る可能性があるので、理解する気持ちを相互に表すことが大切です。

また、再度不倫があったら「別れる」「損害賠償を請求する」などの具体的な話をしておくことも大切です。
「不倫しても家庭は大丈夫」と思わせるのが一番危険であるため、少し強気に出ることも大切です。

「離婚と不倫慰謝料|離婚しない場合、する場合の慰謝料相場と請求先」

[参考記事]

離婚と不倫慰謝料|離婚しない場合、する場合の慰謝料相場と請求先

4.不倫慰謝料を請求するなら、弁護士にご相談を

不倫に気づいた配偶者の方は、それでもなんとか婚姻関係を続けたいという気持ちと、相手を責めたくなる気持ちの両方がせめぎ合っているとお察しします。

夫婦で前向きに進んでいくためには、何らかのきっかけが必要です。
その1つとして、不倫相手に慰謝料請求をすることもご検討ください。

泉総合法律事務所では、不倫慰謝料問題に精通した弁護士が誠心誠意対応いたします。
不倫慰謝料請求をご検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連するコラム
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】39拠点43名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!