不倫慰謝料弁護士

不倫・不貞行為に強い弁護士の選び方

不倫関係がバレてしまい慰謝料請求の書面を受け取ると、通常はどう対応して良いか分からなくなります。

自分で対応しようとしたけれど、うまく交渉できない、話が進まない、過大な慰謝料を請求されている、などのお悩みをお持ちの場合は、専門家である弁護士に今すぐ相談してください。

また、配偶者の不倫が発覚し、配偶者や不倫相手に慰謝料請求をしたいと考えている場合も弁護士に相談するべきです。
適切な額の慰謝料を確実に支払ってもらうには、弁護士の助力が重要です。

今回は、不貞行為・不倫慰謝料に強い弁護士の選び方をご説明します。

1.不倫慰謝料請求について弁護士ができること

不倫慰謝料については、「請求を受けたものの、金額も大きいしそもそも支払うべきなのかどうかも分からない」「請求したいが、そもそもどのように始めたら良いかわからない」という人がほとんどです。

この場合は、「弁護士に相談して妥当な金額なのか・支払うべきなのか」「本当に慰謝料請求できるのか・どのように手続きをするのか」を確認すべきです。

不倫慰謝料請求に関して弁護士ができることは基本的に次の3つになります。

(1)相手方、相手方の代理人との交渉

まず、相手方あるいはその代理人との交渉を弁護士が引き受けることができます。

具体的には、請求された側の場合、相手が要求する金額に対し支払うべきかどうかも含め金額の妥当性を判断し、こちらの希望が叶うように交渉を進めていくことになります。

ご自身ではどうしても不倫の責任があることから、「要求されたら支払わなければいけないもの」と考え、金額の交渉に弱気になってしまいます。

しかし、納得できない・支払えない金額で合意する必要はありませんので、弁護士がこれまでの経験を持って適切な合意に至るよう交渉に努めます。

また、請求する側の場合「そもそも不倫はしていない」「金額が高すぎる」などの反論に対して、証拠や慰謝料金額の計算要素を元に適切に反論できます。

冷静に話し合えるため、交渉は弁護士に頼んだ方が当事者同士で行うよりスムーズでしょう。

(2) 調停や裁判になった場合のサポート

仮に交渉で合意に至らなかった場合は調停での手続きが申し立てられることがあります。

この時も、弁護士は依頼者が有利になるように調停に同席し、話の内容などをサポートすることができます。自分1人で臨むよりも精神的に安心できるはずです。

訴訟に発展した場合でも、弁護士がいれば裁判での手続きを基本的に任せられます。

反論の準備からどのように法廷で進めていくべきかの方針などもきちんとお話ししますので、安心いただけるはずです。裁判所への出頭も弁護士が代行できます。

(3) 証拠収集に対する的確なアドバイス

不倫慰謝料請求では「不貞行為」に関する証拠が重要です。

仮に慰謝料請求を受けた場合でも、相手が何の客観的証拠も持っていなければ、請求された側は支払わなくても良い可能性があります。
客観的証拠があるかどうかが非常に重要です。

不倫慰謝料に強い弁護士や法律事務所では、どのような証拠が有効かを熟知しており、請求側の証拠が開示された場合にはその有効性を吟味した上で、交渉で解決すべきか、訴訟になった場合の見通しはどうか等についてアドバイスができます。

また、慰謝料請求側としても「どのような証拠が必要か」について、弁護士からアドバイスを受けられるでしょう。

(※なお、当事務所ではある程度客観的な証拠がある案件のみ依頼をお受けしております。)

何が証拠になる?不倫の証拠の種類と集め方

[参考記事]

不倫の証拠集め|難しい不貞行為の立証のために重要なこと

2.不貞行為に強い弁護士の見極め方

不倫慰謝料請求の交渉を弁護士に依頼するにしても、何が「良い弁護士」の特徴であるのか分からない方も多いでしょう。

そこで、信頼できる弁護士の特徴、HPや無料相談では何を見るべきかについてご説明いたします。

(1) 信頼できる弁護士の特徴

不倫慰謝料請求では、不倫分野に長けておりこれまでの実績があること、そして弁護士の人柄としても信頼して任せられる人でなければいけません。

そこで、初回相談などで弁護士を選ぶ場合は、以下に注目して話を聞いてみてください。

  • 相談者の話を親身になって聞いてくれるか
  • きちんと解決の指針を提示してくれるか
  • これまで不倫慰謝料の案件を扱ったことがあるか
  • プライバシーに配慮してくれるか

相談者の話をしっかり聞かないと、適切な弁護活動はできません。多くの相談者は何から話せば良いのか分からないものですが、その不安も解消しつつ親身に話を聞いてくれる弁護士が良いでしょう。

法律の話だけではなく、依頼者の気持ちに沿って、適切なコミュニケーションを図れる人なのかをチェックしてください。

また、弁護士は依頼者の話に対し、一定の解決の方向性を示す必要があります。
自分の悩みに対し、専門家の立場からどのような解決方法が適切か、道筋を示してくれるかどうかも重要なポイントです。

プライバシーへの配慮も重要です。
弁護士には守秘義務があるため、周囲に漏らすようなことはあり得ませんが、依頼者が特別に配慮してほしいケースなどもあるでしょう。

例えば、家族に内緒で不倫相手と交渉しているので、「家に連絡しないでほしい」などです。職場にもバレないように、などプライバシーへの配慮ができる点も重要です。

初回の相談の際に上記のポイントをぜひ参考にしてみてください。

(2) ホームページ等で弁護士を探す場合のポイント

初回相談に行く前に、インターネット検索やホームページ(HP)を閲覧し法律事務所を選ぶ方も多いでしょう。
法律事務所のHPでは、以下の点に注目しましょう。

  • HPで不貞行為の慰謝料請求事例が紹介されているか
  • 弁護士費用が明確か

依頼する法律事務所や弁護士は、不倫慰謝料請求の経験が豊富なところを選ばなければいけません。

このとき、HP上でチェックしたいのは不貞行為の慰謝料請求事例が紹介されているかどうかです。

実際にこれまで依頼を受けた事例が紹介されていれば、不倫慰謝料請求の経験を確認できますので安心です。解決事例が豊富にあり、どのように解決したのかという点も見ておくと良いでしょう。

【複数の法律事務所で話を聞くのも有効】
初回相談に複数行くのは面倒に感じることも多いでしょう。プライベートな事情を話すため、できれば一回で良い弁護士を探したいものです。また、相談に行ったのに依頼しないのは弁護士に悪いなど、気を遣われる方もいます。
しかし、お金も関連する事情がありますから、できるだけ信頼できる弁護士に依頼すべきです。「一度初回相談に行ったけど、少し違和感があった。」という場合や、他の弁護士の話も聞いてみたい場合は、他の無料相談にも行ってみるべきです。

3.無料相談で注意すべきポイント

最後に、無料相談で注意すべきポイントについてお伝えします。

(1) 初回相談前に準備すべきこと

初回相談は「30分まで無料」など、時間制限があるのが基本です。

自分の聞きたいことをきちんと伝えられるようにするために、メモに以下のことを書いて準備していくことをおすすめします。

  • 不倫の証拠があるのか
  • 不倫の回数、期間
  • 不利・有利だと思う事情
  • 請求の事情(書面か口頭か、内容証明郵便が届いた、など)
  • この他、聞きたいことをまとめる

これらの事実をスマホでも良いのでメモに書いた上で、できるだけ現在の状況を具体的に弁護士に伝えるようにしてください。届いた書面などがある場合や証拠などがある場合はそれでも持参しましょう。

(2) 嘘をつかないこと

不倫に関する事情はできれば他人には話したくない事実でしょう。初対面で自分のプライバシーをさらけ出さなければいけないことに苦痛を感じるのは無理もありません。

しかし、弁護士の前では嘘をつかないようにしてください。

例えば、不利な事情があるのにそれを話さない、自分のことではなく「相手が悪い」という事情ばかり話すなどです。

隠したい気持ちはわかりますが、これでは適切な助言ができないことがあります。
正直に話していただくことで、弁護士は最大限の実力を発揮できるのです。

4.不倫に強い弁護士に相談を

不倫問題にお悩みの方は、ぜひ泉総合法律事務所にご相談ください。

不倫慰謝料に関する問題は放置していてもなかなか解決しません。当事者だけでは話が前に進まないのはよくあることです。

不倫問題に強い弁護士にご相談いただければ、あなたにとってベストな解決案を提示いたします。是非、当事務所の1時間無料相談をご利用ください。

関連するコラム
\不倫慰謝料は個別の事情で対応が異なります!/
私達は、あなたの事案について法律・判例を徹底的にリサーチし、
適切な解決額で決着に導くことをお約束いたします。
\【首都圏最大級】38拠点40名の弁護士がチームワークで迅速解決!/
不倫慰謝料問題泉総合ご相談下さい!
※無料電話相談は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府にお住まいの方に限ります。